fc2ブログ


首都圏で時刻表を発刊している事業者の冊子は購入した

今回、関西圏“近畿日本鉄道”がJR改正に合わせて
自社線改正をした珍しいパターン

近鉄時刻表2024.3.16変更号
基本、大阪線10両列車の廃止だけで
運行ダイヤそのものの大幅なテコ入れはない感じ

近鉄を安易にカオスという風潮
何も知らないというか調べが浅いのを云わずして体現している
さすが、インターネットの海は広大だが深さが3センチしかない(草)

近鉄
・各路線全体の配線図
・拠点駅配線図
・車庫と路線の位置関係
・運行図表or時刻表の読解力
・構内作業ダイヤの概念
・車両運用の概念
・運転士/車掌の乗務行路と交代駅

これらが合わさって動く
何も決められずに動いているならカオス混沌』”という合理性
(カオス→和訳したら無秩序という意味
みんなそれぞれルールや規則性に基づき動いている
カオスの正しい意味に当たらない)

上記7点をしっかり入れておけばカオスという事自体バカらしくなる

幼稚な連中のいう
“カオス『混沌』”と言う事に何の合理的観点はない
ただ“カオス『混沌』”って言いたいだけ

幼児にありがちな
“う○こ”や“ヴァカ”を言葉の意味知らず
不必要に連呼したがる思考回路

カオスっていうのは“幼児思考”から抜け出せない奴認定でいい(草)


P.S
昨日の皐月賞、過大評価の酷評レベル

1番人気
2歳の2000mGIを勝った牝馬という理由だけで持ち上げられる
ウジは相当擦ったのが予想内

実際レース中継を国営で見たけど
最後の4コーナーで1人気馬が外に膨れで進路妨害がバッチリ

当然処分食らっているけど
メジロマックイーンの1着降着みたいな事にならなくてよかったな

上がり3F最速とかいってるけど
あれで最速とは草しか生えない

あの程度をなぜ必要以上に持ち上げるような真似したんだろう
安易にスターホースを作りたがるメディアが諸悪の根源だろうな

ただし
1人気馬が複勝圏内入らなかったので
馬券的に配当金額がおいしかったのは言うまでもない
(1番人気馬が複勝圏内に食い込むのと食い込まないのでは
単勝・複勝・枠連・馬連・馬単の金額にある程度の差がつく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道ランキング
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事