fc2ブログ


見事制作スタッフの仕掛けた“落とし穴”へ落ち
“番組”からクビ宣告された“出演者2名”

番組当初から批判の対象になった
“温泉に入りたい”
“泊まるところはいいホテルがいい”
“進めるタイミングなのに行かない”
“歩きたくない”


夕方になるとあからさまに観光地の温泉宿に泊まりたいという下心や
長距離系統ありきで
“時間をより早く進める中距離・短距離系統乗り継ぎ→歩きたくない”時に
案内所や営業所でBOBAが発する言葉
“もう、この先無いですよね”




これを繰り返せば“失敗”の数は嵩むわけだ

最初の放送回で運良く長距離系統を引き当てたものだから
ずーっと長距離系統ばかりを当てにし
中距離系統の乗り継ぎという選択肢を考えなかったツケ

(ビギナーズラックという理解が出来ていない)

ルート発表時も全体像として最短コースありきで考えているし
長距離系統見つけて乗り継げば楽勝
ミラクルなんて探せば出てくるという甘過ぎる考え

太川陽介は
#4の時点で県境越えできるバスなんて殆どないと理解していたが
この出演者2名は最後まで県境越えを軽く考え改める事は無かった


この最終回
新庄への“48LINER”選択は寧ろ視聴者の大半が納得する選択

でもその手前の区間
探せば長距離系統があるという幻想から抜け出すことは無かった

営業所や案内所に立ち寄るのは
太川→“少しでもゴールに向かえる系統があるかどうかの確認
BOBA→“楽に長距離系統で行きたいからなんとか探してよ営業所・案内所

この差が如実に表れていた


無駄話ばかりしてルートも見ずゲストにルート探しやらせたり【Z#15】
少しでも先を急ぐタイミングを無駄に逃してまで“飯”を優先

弊ブログでは指摘したけど
不満→炎上の流れになった最大の理由は
BOBAに蛭子能収の要素を視聴者が一切求めていない

これを
BOBA自身が理解してなかったというか出来ていなかった事


芥川賞作家
“長い間成長していなかった”

そりゃ誰が見ても“そう”としか言い様がない

失敗放送回の次に放送したOPでは
“今回は成功する”とか聞こえの良いことを言うけど
決断力のなさが現れ
BOBAに引きずられ結局連続失敗


陣取り合戦 #6にゲストで呼ばれた時の暴言レベル
人情とかなしでいきましょう
例えばここで1分2分長く過ごしちゃったせいで
 次のバス1分前に行っちゃいましたってなったら
 そこで時間潰した人たちを恨むことになりかねない

一般人や視聴者と会話してもいいよ
但し話し込んでバス逃したら
話振ってきたお前の責任ね

これ内容は“相当凄い事”言ってるレベル


過去に来ていたのを全く忘れ
その経験を生かそうともしないし
太川シリーズを一回でも視聴した事がないんだろう

太川シリーズを見ていればヒントは一杯落っこちているわけで
失敗の数を減らせたのは間違いない

視聴者がこの出演者2名にツッコんだのは
太川シリーズという視聴経験から来るヒントを見抜いていたからであり…

バカ発見器あたりを検索すると
2人がギャラ半分でもいいからやりたいって言ってるだろもう一度やらせてみろよ

こんな感じの内容ツィートしてるアホを散見したけど
最初から温泉入りたいとか番組趣旨を理解せず
舐めた態度でやってたから落とされたんだよ


この理解を先ずしないと駄目


この番組は“旅番組”ではあるけど“観光地に寄っていく旅番組”じゃなく
ゲーム的要素“テレビ双六”を主体にした“旅番組”であってだな…

最後までその理解が出来ず
この最終回でも
飯を優先”“歩きたくない”“進めるタイミングを行かない”
悪癖がしっかり出たという
()


このシリーズ
今後は当然テレビ局が決める事であって我々視聴者に何の権限もないけれど
ルート被りが増えてきたので暫くは休止にするか?

人選をやり直して新シリーズをやるのか?

新シリーズするなら“テレビ双六”をちゃんと理解出来る人選がいいね

弊ブログは単に論うのでなく、何が駄目なのかを指摘した上で批評しています
“理解力に乏しいクソリプ”は語彙力・読解力が無いから理解出来ないでしょうね

P.S
ビッグサイトの鉄道模型イベント

一般ニュースでの取り上げ方
“巣ごもり需要”“市場規模○○億円”とかいう下品な取り上げ方

本当に好きなら
“金の方向から見る下品な振る舞いはしない”


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事