fc2ブログ


東武鉄道時刻表“本線ページ”を見ていて
東武時刻表R4.3.12改正号
“???”と思う事がある

それは
“最終の区間準急が③番”という表示

配線図を理解していれば“待避列車”でない限り
“③番線”着発する必要が全くない

③番線着にする理由とは何か?

区間準急3604レ
上り3604レが到着

パン下げ留置
パンタ降下でホーム留置
(翌日の802レへそのまま流す)

そのせいで“最終の960レ(15T)”は
960レ(15T)
④番線着発後引き上げに入る“入換作業”というわけか…
-------------------------------------------------------------
23:48に1本8Rの回送が浅草方面に出て行く
これは今まで北千住に2本8Rの地上運用停泊があったけど
今改正で下り朝6時台の区間急行を大減量した為行き所がなくなった

この回送の処置はどうするのか?

条件
・8R車という事→“浅草1番縛り”
・業平橋電留線①→浅草側から出入り出来るけど
         北千住から来た場合“上り本線から直接入線は不可”
・業平橋電留線②→6両編成が最大限度で8両は入れない。
・業平橋電留線③→浅草の駅留置を廃止したため必ず地上車の回送入庫がある
         (これをする為、特急車両の停泊運用を潰す。 
         追い出し列車である“夜間帯下り特急”の増発)
・曳舟駅→上り副本線③から浅草方向へ出られるけど、上り本線④から地下鉄へ入れない
・上り浅草終電(平日958・土休964)の前で、その最終は浅草到着①という縛り

この縛りを満たす条件
曳舟駅上りホーム時刻表を見る事で答えが見えた

平日
鐘ヶ淵で“準急C4271S”を待避し
曳舟“上り副本線③へ入り停泊”

土休
鐘ヶ淵で“回C6369S”を待避し
平日同様曳舟“上り副本線③へ入り停泊”

但し条件が一つ付いて
“回C6369S”は“北千住964レ”の直前に抜ける為、時刻は“準急C4271S”より
『プラス5分~7分』程度繰り下がるので
運転時刻“鐘ヶ淵~曳舟”間は平日と若干ズレる

現地調査
鐘ヶ淵で“回送列車”の姿はなかったし
業平橋も計算で弾き出した時間には“回送列車”が来なかった

業平橋と鐘ヶ淵の間で夜間留置出来るのは“曳舟”のみ

COVID-19で減量ダイヤしたけどかえって“面倒くさい回送”が出現してしまった感じ

P.S
大阪市交通局自動車部の委託営業所
“赤バス”を持っていた営業所が基本『委託化』対象

酉島支所“直営”は
東京都交通局でいうところの“南千住自動車営業所・青戸分駐所”と同じ考え方

単刀直入に言うなら
“赤バス”は市職員にやらせると“文句出まくり”だから
関連団体の“大阪運輸振興”にやらせたんだね

井高野だけ“南海バス”委託
元々、直営だったけど“淀川の向こう”を切り離すにあたり
入札勝利したのが『南海バス』

赤バス委託営業所になったのは
“古市”のお取り潰しで
同じ委託営業所化していた長吉へ“古市担当の赤バス”を持って行ったけど
回送距離が出すぎて“井高野移管”になった流れ

にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村


鉄道ランキング
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事