FC2ブログ


KATO製の車両3年半ぶりに導入

EF210-300
KATO・3092-2
桃太郎“300番台”

このEF210シリーズとして
EF210-300【K-①】
手摺の別パーツ化
見栄え向上は間違いなし

EF210-300【K-②】
屋根はTOMIXと違い明るいグレーでキメてます

尾灯はTOMIXと比較して非点灯の様ですが
別に取り立てて論う意味は感じない

もはや“セノハチ補機”というよりも
EF65の置き換えとして投入され始めているんだから…

P.S
逆張り志らくが“寄席”について一言発した

自称大物講談師“伯山”が
『寄席に出ないんだからあれこれ言う資格がない』と
言ったけど

実はこの自称大物講談師の
バカ度合いが知れちゃったわけですよ

立川流は基本定席の寄席から締め出され
出演することが出来ない
立川流創設経緯を知っていれば
こんな間の抜けた物言いはしない
()

日本橋亭とかを“定席寄席”として
括っている知識レベルっすか()

定席寄席は
上野鈴本新宿末広亭浅草演芸ホール池袋演芸場

そういう事を知らずに
あまり軽口叩くと大恥掻きますよ

撮り鉄レベルの自称大物講談師“神田伯山”


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道模型ランキング
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事