fc2ブログ


前記事で『コメント欄に視聴側の希望を一方的に書くのはおかしい』と言ったが
ネットサーフィンをしているとコメント欄で変な『コメント』を見つける

実は『JR四国のアンパンマンネタ』に必ず食いついてくるコメント

コテハンは“まいんど”という

ネット上で見つけた現物コメ“コピペ引用”
パターン①
『京急電鉄ではJR四国8000系のようなアンパンマン列車や
東急東横線・埼玉高速鉄道・都営三田線のようなアンパンマンみなとみらい号を走らせず、
代わりに美少女戦士セーラームーンや、フレッシュからGo!プリンセス、
魔法つかいまでの各プリキュアの電車を走らせるそうです
(1994年と1995年に京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)で8000系や今はなき6000系を使って
セーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急がアンパンマン列車や
アンパンマンみなとみらい号を走らせる予定はない)。
理由として、やなせたかしさんがなくなられたとかで
アンパンマンの人気が減少していることと、
アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンが
かつての京急1500形電車の事故廃車を連想させて不吉・不適切なことと、
京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が
多いためです。』

パターン②
『京急電鉄ではアンパンマン列車やアンパンマンみなとみらい号を走らせず、
代わりに美少女戦士セーラームーンや、キラキラプリキュアアラモードの
描かれた電車を走らせるそうです(1994年と1995年に京王帝都電鉄(現・京王電鉄)で
8000系や今は無き6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、
京急がアンパンマン列車やアンパンマンみなとみらい号を走らせる予定はない)。
理由として、アンパンマンではなくセーラームーンの方が
世界中に広く知られていることと、
アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンが
かつての横須賀市内での1500形電車の脱線事故廃車を連想させて不吉・不適切なことと、
京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が
多いためです。』

このパターン内容で
JR四国アンパンマンネタ記事が出たブログに高確率出没する

個人的な妄想に近い見解を一方通行でぶつけられても
ブログ管理者は当然『???』となるわけで…

“アンパンマン”を扱わない京浜急行電鉄に何の恨みがあるのか?

ブログのコメ欄やYouTubeのコメ欄へ
個人的な『希望』『妄想に近い見解』をただ只管書き込まれたところで
正直『困る』という理解が出来ないんだろうね()


“まいんど”というコテハンに意味不明な食い付きに
困った経験を持っている方

意味不明なのでコメント削除を
今から実行しても問題ありません

これから“JR四国”のアンパンマンネタを出そうとお考えの方

“まいんど”というHNが来たら要注意ですよ

ブログやYouTubeコメント欄は
視聴側の商品ご意見・問い合わせ”や
妄想の押し付け”をする場所でもない
やりたければ無料でブログ・twitter等開設出来るんだから
そこでやればいい

そして“嗚呼、バカが意味不明に喚いてら”と
嘲笑されればいいんですよ

(視聴内容の感想と、商品内容について『ああしろこうしろ』の意見は全く別物)


こんなものを見つける

一部引用
3.削る
コメント欄をゴミの山にはしない。言論の自由は認めるけど、
SEOmozのような職業的なブログでは、ほとんどの場合、本当にくだらないものは削除する。

正にその通りで安っぽい知識の押し売りは要らん
下らないスパムは速攻削除の憂き目に遭わせ完全無視

4.敷居を上げる
コメントの敷居を少し上げて、本当に関心のある人だけがやる気を出すように仕向ける。

敷居を下げると余所で『仕入れた情報がどこまで通用するのか』を
試す××が集まってきてしまうから
そういう低レベルに合わせる真似は絶対にしない

5.自分でもコメント欄に書き込む
実例を示すんだ。プラスになるコメントをした人にコメント欄で返信したりすることで、
自分が築きたいコミュニティを補強することができる。

スパムは完全無視し問答無用の削除だが
ちゃんとしたコメントを無碍に削除する事はしていない
ちゃんと『お返事』します

コメント欄は『便所の落書き』じゃない事を正しく理解しろ

P.S

※UPした垢主はDQN行為と全く無関係(←ここ大事なところ)

本当に“俄”は何と戦っているんですか?

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道ランキング
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事