FC2ブログ


何だかネットサーフィンをしていると
“小田急バス・新百合ヶ丘営業所”というワードに引っかかる

(仮称)小田急バス株式会社新百合ヶ丘営業所
新設計画に係る自主的環境影響評価準備書/川崎市役所


場所は

公式の川崎市環境影響評価書記載地。違うとかいうゴミコメントはお断り。

まだgooでやっていた時にあったんだよ
『東急とメトロの大本営が日比谷線直通廃止』って公式発表したのに
弊ブログへ“廃止なんかない”とバカ丸出しのクソコメを書いてきた池沼がいましてね
当然その『池沼コメ』に“大本営発表を読んでますか?”と返り討ちを食らわせてやった

(gooからブログ移転時に『コメント引継移転』は出来なかったが…)
------------------------------------------------------------------------
さてここからは
あくまでも一個人の意見”である

小田急バスの『中の人がそうだ』とは一言も発していない
・ただ丸っきり出来ない事(それを妄想という)を言うつもりもない
・起きていることを時系列に並べて客観的に挙証していく


元々は生田営業所があったけど手狭だった

“整備工場を町田から移転”する計画
(確かに吉祥寺・若林・武蔵境・狛江から町田へ
車検の度に行くのは、どちらかといえば非効率の部類)

“登戸営業所”として移転新設し整備部門も併設とした

登戸営業所として運営するも
“回送コスト問題”“拘束時間問題”が出たからこそ
『新百合ヶ丘営業所』設置計画に繋がっていったとしか思えない

登戸営業所車両の休憩は“生田折返所”
町田営業所車両の休憩は“大谷”で行われている

新設営業所へ移管する事が予想できる系統

登戸営業所
新 02 03 04 07 10 15 17 18 19 20 25
百 01 02

町田営業所
柿 21 22 23 24 25
新 23 26

町田営業所から半分移管?
新 01 05 06 08
稲 02


また“大谷”に出ている京成バス【5営車】の待機も
同新設営業所になるのは容易に想像できる

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事