FC2ブログ


あくまでも一個人の勝手な想像に基づいた事と断りを入れておく

DE10赤更新が5年の時を経て製品化決定したけども
長いスパンで製品化や再生産を期待している車両もあったりする

まず再生産を期待しているもの
KATOのDD51【7008-1】
所謂A寒地仕様と呼ばれるタイプ

TOMIXでは
DD51-1000・寒地 標準色【T】DD51-1000・寒地★【T】
A寒地                            ★釜

両方あるので
DD51-1000・寒地 混色重連【T】
塗替過渡期に見られた混色重連が出来る

しかしKATOはA寒地車が無いため
DD51-1000・寒地★【K】
A寒地車と★釜との混色重連が出来ない

【7008-C DD51 1043 下関総合車両所】を出すよりも需要があると思うんですよ

製品化期待車両

FE210-100は
EF210-100【T】EF210-100【K】
TOMIX                          KATO

両方出ているけども

EF210-300は
EF210-300【T】
TOMIXしかない

いつもなら好敵手のKATOは必ずぶつけてくるのにね…

貨車
TOMIXは
コキ106【カン付】コキ107【カン付】
コキ106                           コキ107

この2種には“カン付”が出たけど…
(コキ106カン付きが出た後、コキ107のカン付は製品化はそんなに早く出ないだろうと思っていた)

ここまで来たら最後の砦
コキ104
コキ104のカン付きも是非期待したいですね

最後の大物と勝手に思っている車両は
485系東武乗入車
485系東武乗入車の“後継車両”である

253系1000番台

自作改造にはハードルが高く厳しすぎるので是非とも
TOMIXかKATOのどちらかで製品化をお願いしたいと常々思っている車両

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道模型ランキング
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事