FC2ブログ


東武バスから朝日自動車系列へ移管したものを一度整理しておく
(一部私見あり)

朝日自動車
越谷営業所→東武鉄道バス事業本部越谷営業所
春日部営業所→廃止。東武鉄道バス事業本部越谷営業所・春日部出張所
境営業所I →
東武鉄道バス事業本部境営業所I(朝日自動車バスとしての発祥地)
境営業所II→東武鉄道バス事業本部越谷営業所・境出張所
(元々は境営業所IIで営業所格を持っていた)
久喜営業所→東武鉄道バス事業本部加須営業所・幸手出張所
加須営業所→東武鉄道バス事業本部加須営業所
太田営業所→
東武鉄道バス事業本部熊谷営業所・太田出張所(元々は太田営業所で営業所格を持っていた)
---------------------------------------------------------------------
阪東自動車

2000年代初頭貸切専業の『キング観光バス』を吸収

東武鉄道バス事業本部時代は『東武鉄道』の子会社ポジションだった
---------------------------------------------------------------------
国際ハイヤー
本社→東武鉄道バス事業本部熊谷営業所
(両毛観光バスを吸収)

十王自動車
本社→東武鉄道バス事業本部前橋営業所・伊勢崎出張所の路線だけ引き継ぎ

2000年代に国際十王交通成立(国際交通と十王自動車を統合)
熊谷本社→国際ハイヤー本社営業所
伊勢崎営業所→十王自動車本社営業所
----------------------------------------------------------------------
川越観光自動車
川越営業所→貸切専業時代の発祥地
東松山営業所→
自社設立。
東武鉄道バス事業本部上尾営業所・菖蒲出張所の一部路線と
東武鉄道バス事業本部川越営業所・坂戸出張所の一部路線を引き継ぎ
その後東武鉄道バス事業本部川越営業所・森林公園出張所引き受けに伴い移転

森林公園本社→
東松山営業所の移転と
東武鉄道バス事業本部川越営業所・森林公園出張所を合併
-----------------------------------------------------------------------
茨城急行自動車
北茂呂→自社設立。本社を松伏へ移転
松伏本社→北茂呂より移転
野田営業所→東武鉄道バス事業本部西柏営業所・野田出張所
古河営業所→東武鉄道バス事業本部境営業所・古河出張所
岩井営業所→
廃止。現在の岩井車庫と名乗る場所は“東武鉄道バス事業本部境営業所・岩井出張所”だった場所
下妻事業所→1993年・1994年の東武時刻表に記載。場所は『下妻市並木』という地名
(ただ下妻市並木をGoogle検索してもヒットせず)

東武鉄道バス事業本部時代は『東武鉄道』の子会社ポジションだった
------------------------------------------------------------------------
東武ダイヤルバス
鬼怒川本社→東武鉄道バス事業本部日光営業所・鬼怒川出張所の路線を移管

日光交通II(東武ダイヤルバスと日光交通Iを統合)
『ダイヤルバス』はブランド名として残した
-------------------------------------------------------------------------
関越交通I
沼田営業所→新幹線接続のバスを運行。昭和村代替バスを受託
(当時はまだ東武鉄道バス事業本部直営エリア。
古い東武時刻表の“関越交通I沼田営業所所在地”は
住居表示変更前の記載からすると“横塚出張所”跡地に置かれていた可能性大)

古い東武時刻表では関越交通Iの本社所在地は“水上”

吾妻観光自動車
中之条本社→東武鉄道バス事業本部前橋営業所・中之条出張所

2000年代に関越交通II成立(関越交通Iと吾妻観光自動車の統合)
渋川営業所→東武鉄道バス事業本部前橋営業所・渋川出張所
(元々は渋川営業所で営業所格を持っていた)
水上営業所→廃止。東武鉄道バス事業本部前橋営業所・水上出張所
(移管後一旦旧東武バス営業所用地に移転したが再度初代用地に戻した)
沼田営業所→東武鉄道バス事業本部前橋営業所・沼田出張所を引き継ぐ
鎌田営業所→東武鉄道バス事業本部沼田営業所・鎌田出張所(歴はつながらない!?)
吾妻営業所→吾妻観光自動車本社営業所
前橋営業所→東武鉄道バス事業本部前橋営業所とは歴が繋がらない
----------------------------------------------------------------------
阪東自動車・川越観光自動車・茨城急行自動車・東武ダイヤルバス以外は
グループ傘下のタクシー会社に『乗合免許』を取らせ移管

これを東武本体で管理するには分社が多いかもしれない

朝日自動車を頭に統合再編したのがよくわかる

消滅した東野交通Gはカテゴリー外とします

おまけ
野田MSにいた阪東335号車
朝日の野田MSにいた阪東335号車

何していたんだろう?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道 ブログランキングへ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事