FC2ブログ


関越交通の大型ノンステップ車を見に行ったとき
高崎の211も少し見ておいた

基本は3R・4R問わず
A26編成
編成番号を『A~』で通すものの

一部編成に『3+3』で組成した
C15編成
C編成『6R』がある

但し

グリーン車が入っていた時代の“C編成番号”とは連動しない。

長野の211系同様
上諏訪留置車両

スカートが
スノープロウ一体スカート
スノープロウ一体型へ交換

方向幕も路線毎の色へ交換

両毛線系統
両毛線系統幕①両毛線系統幕②
(『右』は新前橋で接続列車がある場合、高崎~新前橋到着まで表示。
新前橋発車後、両毛線内終点迄は『左』の表示に再設定する)

上越線系統
上越線系統幕
(どちらかといえば、エメラルドグリーン寄りの色)

吾妻線系統
吾妻線系統幕
(こっちは、スカイブルー寄りの色)

信越線(横川線)系統
信越線系統幕
従来の白地幕

折り返しで戻ってくる時の『高崎』幕は従来通り“白地”

115が落ちて211になり比較的列車数の少ない路線も
添加励磁制御車になって省エネ化が進んだという事ですな

P.S
世間じゃ令和改元、浮かれ馬鹿騒ぎ
ここは令和になろうがやる事一切変更なし

『ヲタの為に鉄道会社経営しろ』
『ヲタの為にバス会社経営しろ』なんてのは
言語道断!!


『ゆとり』論法の“やって貰って当たり前”は間違い

やって貰って当たり前は絶対に存在しない
あくまでも相手側に善意が先ずあってからだろ


にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村


鉄道 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事