107系が上信電鉄へ・鉄道ファン

ひっくり返りそうになった
なぜ電装品が50年近く経つ車両をわざわざ!?

補修用部品なんてどう探しても無理


VVVFの7000系を大量一括導入は無理だけど少しずつ導入するのが
長期的展望に立ったときの『better』だよね
(静岡鉄道は経営良好でも資金面から『JR東日本』のように一括大量早期置換は無理という理解があり
少しずつ新型車両に置換えようという経営判断をしている)

107系・東武6050系・京成3400形と『維持する為にはかなり厳しいレベル』まで行っている

近鉄には2680系という初代ビスタカー電装品流用車もいるが
これも正直『電装品どうするの?』というレベルに到達

107系が15年以上持つとはどう見ても厳しいという理解は素人判断でも可

えちぜん鉄道へ行った119系改め7000系は車体修理もさることながら
“足回り”は新規品のVVVFへ交換し長期的に問題ないよう対策している

残念ながら上信電鉄は車両置換えを先送りにしてきたツケ

中古車置換ばかりに頼っていたら

故障多発・部品枯渇から車両不足に陥り減量ダイヤへなっていけば
『銚子電鉄』の後追いは確実

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事