南海電鉄 車掌「多くの外国人で、ご不便を」・毎日新聞

クレームを極度に畏れるあまり
会社側『速攻謝罪』とは情けねぇな…
その対応だと空港行かない一般利用者は
『乗客』じゃないって事だろ(激呆)


トロッピー武勇伝にある名言
↓引用
トロッピー様は知っている。
運転が多少乱暴でも、時間通り着くことが
最大のサービスであることを。
車内の秩序を保つ義務があり、
それが出来るのは運転士だけだということを。


例えば10人の客がいたとして、
そのうち一人のバカを優遇して
他の九人の客が逃げるより、
バカを排除して九人の客に
末永く乗ってもらうほうが会社は儲かる事を。


『太く強調したところ』こそ本当は重要な部分

悪質クレーマーを畏れるあまりトンチンカンな対応をすればするほど
『バカがつけ上がる』という理解が会社側にない

バカがつけ上がった結果
近鉄であんな事件が起きたんだよ

(近鉄も悪質クレームを畏れるあまり『速攻謝罪芸』する事で社員を守らなかった)

JR西でもDC運転士が
料金箱に腰掛けたくらいのレベルなのに
それについて指導だと腰の引けた対応をしやがる

(毎日新聞読者監視員が火をつけやがった…)

お持てなしだか何だか知らねぇけど『こんな程度の低い事をクレームとして言うな』と
はっきり言える成熟した社会になってほしいね

度を超した『おもてなし』は本当に反吐が出る
『おもてなし』は“表なし”だから裏ばかりだろ(爆)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



最新記事