fc2ブログ


成田近辺ゴルフ仕事で初見の千葉交通

成田駅までは距離があるけど
成田起点路線の終点地には短時間で移動可能な場所だった為
捕捉してみた

ただし、都市圏でも末端寄りなので設定本数が多くなく
基本『車社会』だし
捕まえるのにある程度の苦労は避けられなかった

最初は元々鉄軌道事業者“成宗電気軌道”を起源に持つ“千葉交通”

10-79/BDG-HR7JPBE
10-79
弊ブログでは“PK-HR”に続く初めての“BDG-HR”
(首都圏近郊でもBDG-HRは千葉交通ぐらいじゃないのか?)

19-88/2KG-KR290J4
19-88
2KG-KR290J4で無ラッピングの正調車

33-02/PDG-KR234J2
33-02
PDG-KR234J2
これは比較的同業他者でも多い“PDG-KR”

33-28/2KG-KR290J4
33-28
2KG-KR290J4
フロントが千葉交カラーじゃなく白いままという変態

千葉交通はラッピング多いので
純正塗装車を捕捉しづらい傾向を感じた

P.S
“陣取り合戦#13”

今回は2ポイントの場所が無かったけど
結局地道に数をこなした“太川陽介”へ軍配


元ジャニーズは場当たりで陣取りし数をこなす頭がない

くだらないコスパ厨だから長距離線ばかりに目が行って
細かく乗り継ぎを考えない


バス停で調べが甘いのは田中要次”と同じ思考回路

細かく乗り継げれば数を取って勝機はあった

これはバス旅番組元祖“太川陽介”が取った作戦

元ジャニーズは無意識に
面積の大きさへ引きずられている
この番組の勝敗は
面積の大きさじゃなく
チェックポイントをこなした数で決まる


大もとのルールを勘違いしたままじゃ
元祖バス旅タレント“太川陽介”と対等に勝負できない


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング



最新記事