FC2ブログ


夕方、常磐線に乗っていると不自然な回送列車を発見
改めて現物調査をしてみた

松戸
回送1540H(松戸駅)
14:46に車両Cから“2番線”へ据え付け

LED表示は
回送表示
1540H・回送

15:07

発車

江戸川を渡り隣の金町駅で“待避”
回送1540H(金町駅)
15:12着~15:29発


1198Mと16Mの2本待避して行きました

高崎線・宇都宮線では“土休日運休スジ”がそのまま回送になったりして
“回送列車設定”に何の違和感もないが

常磐線で定期回送列車自体を見ないので意外という感じしか受けない

P.S
東武大師線は
“西新井大師参詣輸送が目的”で建設って言われがち

ルート選定に於いて当然『大師経由を考慮したもの』だが
あくまでも終点は東上線の上板橋駅を目指していた

そして当時の社会世情により“大師前~上板橋”間は『建設未着工起業廃止』になった

用地買収完了していた大師前までを『建設→開業』したが
メインが西新井大師参詣輸送は後付けの理由だろ
理屈は後からトロッコでの見本みたいな話

嘘つき百科事典の“東武大師線”にも同様の事が書いてある

こういう調べもせず浅い情報を
自称公共放送NHKが堂々と垂れ流すんだから笑えん


嘘つき百科辞典情報を精査せず垂れ流した証拠物件
(来週月曜18日の放送直前まで聴取可)


にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ
にほんブログ村


鉄道ランキング



最新記事