FC2ブログ


郡山から磐越東線でいわきへ

その前に
快速3233M
719系『あかべぇ仕様』



話には聞いてたが
HD300
HD300が郡山へ進出か…

もう1運用は
仙総鉄DE10
仙総鉄DE10が維持中

なぜ貨物タでなく駅構内に『タンク車』がいるのかと思ったら
タンク車1タンク車2
オイルターミナルは『磐越東線』沿いに入ってすぐだった…

小牛田の
“ふるさと”
“ふるさと”発見

磐越東線
732D
732Dに乗車

急行や貨物が走ってた時代を忍ばせるものもなく
乗り潰しして終了

がらんとした
いわき構内
いわき構内

仙台方向へ抜けられればまた昔の賑わいも出てくるんじゃないのかな!?

570M『水戸行』
570M

1440M
1440Mへ乗り継ぎ終了

おまけ


勝田構内へ出てきてた
保留車
651系保留車

陰に隠れてたけど『リゾートエクスプレスゆう』も出てきてた

勝田区は狭いから内原・高萩・土浦の役目って大きいんだよね

にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ
にほんブログ村


鉄道ランキング

18きっぷ『1回目(7/20)』は水郡線と磐越東線の消化

1325Mで
1325M
まず水戸へ

水郡線1発目
925D
925D『常陸太田』で枝線消化

枝線は途中駅交換設備無い上に
常陸太田駅
『常陸太田』が棒線1本

上菅谷~常陸太田間は1列車しか入れない
次の列車は前の列車が上菅谷へ戻ってきてやっと入れる

上菅谷駅
上菅谷駅
『奥久慈』時代を忍ばせる長いホームと構内

329Dで
329D
郡山へGO!!

途中の『常陸大子駅』
水郡線営業所1水郡線営業所2
国鉄時代『大子機関区』と呼ばれた場所だけに規模はそれなり

水郡線営業所3
DE10『西金工臨』は『吾妻線・小野上工臨』と同じ事がわかった

ただ『水郡線営業所』と言われる割には
『水戸運輸区本体』の運転士が混用で乗務入ってたね

白棚線分岐駅の
磐城棚倉駅
『磐城棚倉駅』

この空きスペースが『白棚線』だったのかな!?

おまけ

E130の乗降促進

東急の『池多摩線』に似ているような気がするんだけど…

にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ
にほんブログ村


鉄道ランキング



最新記事