FC2ブログ


弊ブログのバス車両画像に今までザックリとしたタイトル付けだったものを
このご時世『外出せんといて』という事で綺麗に整理し“社号と型式”を修正した

その時に気づいたのは
バス事業者はナンバープレートのほかに社内の番号を付けるけども
ある一定の法則に基づいて付番し大きく変化するモノじゃない

例えば
東京都交通局
K-D926/2DG-NB4X2BVJ
K-D926号車

D代導入車両で“D926”という個体番号は
バス車両として役目を終えるまで変化することがない
営業所間異動しても“営業所記号”である最初のアルファベットが変化するだけ

東武バス
2948/QKG-LV290N1
2948号車

イーストやウエストへ転籍しても“2948”という個体番号は変わらない

朝日自動車G
朝日自動車本体
2405/2KG-LR290J3
営業所異動しても“2405”という個体番号は変わらない

茨城急行自動車
3060/PDG-KR234J2
松伏営業所から異動してきた“3060”
ナンバーは取り替えたけど個体番号は変わっていない

国際十王交通
3000/KL-LV280L1改
基本変化しないけどこのLVは例外で
川越観光から転籍した後の熊谷所属時代には2171を付番していたけど
伊勢崎へ異動した後に“3000”と改番

京浜急行バス
K5345/QRG-MS96VP
K5345号車

“5345”という個体番号に変化はなく
新子安へ異動すれば“J”だし羽田へ異動すれば“H”になるだけ

東急バス
E517/KL-UA452KAN改
“E517【当時】”

この車両元々は新羽所属だったので“NI517”だったが
荏原へ異動してきたので“E517”に変更

ただし“517”という個体番号に変化がなく所属先のアルファベット記号だけが変化

西武バス
A5-806/QKG-MP38FK
“A5-806”

どの営業所へ異動しても“A5-806”のままで
お役御免になるまで“A5-806”で通す
(西武総合企画へ転籍した場合は完全改番。
一部例外として同じ営業所内で乗合から貸切へ用途変更した場合
改番が発生する事もあるようです。)

そしてこの記事本題である『京成バス本体』

実は修正していたら
8414/BDG-HX6JLAE1414/SDG-HX9JLBE
金町営業所【当時】の8414号車       奥戸営業所の1414号車

京成バス“2台の414号車”を見つけてしまった

ただ規制が違うので別個体なんだろうけど
同じポンチョで番号被りは珍しい

8414→8は金町営業所/4は日野自動車製/14は順番につけたもの
1414→1は奥戸営業所/4は日野自動車製/14は順番につけたもの
(一応4年のズレはあるものの、8414が“松戸へ異動する”まで下3桁は被っていたのだろう…)

現在8414は松戸へ異動し“3423”という番号に改番とも聞く
(令和2年3月末日付で松戸に異動したようです)

京成は営業所独自の付番ルールがあるとかで
京成バスとしての統一付番ルールは特に無いとか…

各社番号被りにならないよう付番している苦労が垣間見えますね

P.S
新しいMicrosoftのEdge
Googleアカウントでログインした後Gmail開いたら“Chrome”判定です
今までは“Microsoft Edge”って判定されたんだよね

Opera→Gmailブラウザ判定すると実は“Chrome”判定です
Firefox→“Firefox”と判定します。

Chromium使用のブラウザはすべて“Chrome”判定って事か…

Firefoxが“Chromiumの独占はおかしい”って言っているらしいけど
いやいや、ユーザー側からすれば
“サクサクブラウザ”を求めているんだしクラッシュするブラウザは
誰も求めちゃいない
って事を理解しましょうよ…

あと、SEにとっていろいろなシステムで動くようセッティングするよりも
Chromium1本の方が仕事楽になるという事も考えないとね

IT土方の為にはChromium1本化が至極全うなんでしょ()

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

最近どこの事業者でも置換が進み主力になった
2948/QKG-LV290N1
KV・LV系

よーく素人なりにエンジンを聞いていると
2900/QPG-LV234L3
モデルチェンジ前の234系とは明らかにエンジン音が違う

234系のように、
如何にも『大型車』のエンジンみたいな力強さを感じない

むしろ
6048/2KG-LR290J4
エルガミオみたいに軽いエンジン音

たぶん、ターボでぶん回さないとN尺車は動かせない

排気ガス規制が五月蠅くなったので
大型車のエンジンが使えなくなったのかもね

三菱も現行MP38はエアロミディのエンジンでターボ付けてぶん回しているみたい

聞いてみると
どの大型車もエンジン音だけで判断すると頼りなさそうな感じしかしない

まだ
9755/KL-HR1JNEE
こいつの方が中型ロングなのにエンジン音は力強さを受けるよ…

P.S
マスクの抱き合わせ商法が出たってよ()

おいおい
ガンプラの抱き合わせとか
ドラクエの抱き合わせ

この21世紀且つ令和の時代に
いつの時代の商法やってんだ
ばっかじゃねーの(嘲笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

何だか検索して遊んでると『LKG-MP37はUDのエンジン』という

P-V348/LKG-MP37FKFK-W464/LKG-MP37FKF

都交でいう“VとW”

“排気浄化システム”に尿素を使うという事
何となく引っかかるものがあった

同一エンジン搭載は“UD-RA系”
L-S687/PKG-RA274KAN
都交でいう“NとPとS”

確かに回転音は同じ

むしろMP系では“三菱らしくない”回転音

ただし現行のQKGでは三菱エンジンに戻したそうです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

エルガミオKK-LR233J1といえば
3044/KK-LR233J1
この型

KK代のレインボーといえば
3046/KK-RJ1JJHK
普通はRJやRR系を指す

そんな中検索して遊んでいたら
“KK-KR233J1”が少数生産したというが…

エルガミオをレインボーIIとして発売したのは
3054/PA-LR234J1
PA代から

大型では
9768/KL-KV280L1改
KL-LV280L1を日野へOEM供給したのは知っている
(撮影当時天沼在籍の9768号車)

その理由は
1036/KL-HU2PMEA
純正ブルーリボン製造終了の為

規制記号から判断すれば
KK-LRのOEM供給はあっても不思議じゃないけど…

その頃まだ中型は日野純正があっただけに真偽ははどうだったのかな?
(中型はPB代、中型ロングはBDG代まで製造した)

多分捕捉画像はなかなか出てこなさそうな感じ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

23区内一般乗合路線からほぼ消えた
2825/PB-RX6JFAJ
PB-RX6JFAJ

大半は
5209/SDG-HX9JLBE
SDG-HX9JLBEに置換または

サイズアップで
2390/SKG-KR290J2
LR(KR)290J2へ置換

『排気量省燃費基準達成車のステッカー』は貼ってあったけど
バリアフリー認定ステッカー貼付は見ていない

リフト付き車だけど“2ステップ”が駄目だったんだね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

エルガ・ブルーリボン系列がモデルチェンジして
6023/2KG-LV290N23117/QDG-LV290N1
東武2KG                 国際興業QDG

H-B747/QDG-LV290N1K-B797/QDG-LV290N1
都交QDG前期               都交QDG後期

329/QDG-LV290N1
阪東QDG

エルガ・左前輪部
燃料タンク位置の変更が生じ前扉直後の席が廃止

SKG-○R290J2以降の
2368/SKG-LR290J2
エルガミオ・レインボーも
エルガミオ・左前輪部
同様措置が取られている
(○はKまたはLが入ります)

個人的な見解としておきますけども
先代エルガの最終形態“QPG代”の一部で燃料タンクの位置変更をした車両が存在している

それは国際興業バスの一部車両
7004/QPG-LV234N37011/QPG-LV234N3
さいたま東所属車             赤羽所属車

都交のQPG(Z代以降)や首都圏他事業者ではほぼ見かけない
290系への燃料タンクテスト試用だったのかも…

国際興業はいすゞワンメイク事業者である事が知られているけど
いすゞにとって国際興業バスは
“ローンチカスタマー”だったりするからこういうテスト仕様を出すのかな?

P.S
あなたの周りにも必ずいる『口先ばかりだけの無能な奴』

・根拠もなく社内改革とか叫ぶ奴
・改革だという割に具体的行動の伴っていない奴

それは“貴乃花”と同じ“人望なく無能”という行動様式なゴミです

小泉親子もまさにこの典型で使えない

決して協会のやっていることも褒められたもんじゃないが
口先だけの改革を唱える奴は疑ってかからなきゃいけない


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

変に持て囃されている『いすゞのLV・キュービック』

2ステップ・キュービックが主力だった頃
都バスはそれほど持っていない

今と違い『営業所ごとに配置メーカーが決まってた』時代では
大塚・巣鴨が“いすゞ”指定営業所

BU04がモデルチェンジしてCJMになりその後継としてキュービックは入っていたが
“キュービックのワンメイク”ではなかった

実際巣鴨では『いすゞ・3E』がいたしその流れで“いすゞ・5E”の方が多かった

いすゞ5E入れなかったのは“大塚”でCJMの後
塚20の『新バス化』で大量に“キュービック”を投入したのを覚えている
(投入予算に限りがあった為なのか不足分を
CJMやキュービック一般仕様を新バス改造にしたのもいたね)

都営もUDに富士重架装してたりする結構な“富士重愛好事業者”だと思う
あの当時東京都交通局に『西日本車体』という概念はなかったわけで…

いすゞワンメイクだった『国際興業』ぐらいでしょ“キュービック”好んでいたのは!?

当時の『東武鉄道バス事業本部』も
いすゞに3E・5E・CJMを架装してたが“キュービック”になってパッタリ止まったし…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

以前『中型ロング車』について考えてみたが
今も各所で見られる“中型ロング詰め込みが効かない”という事について
改めて考えてみたい

標準仕様ノンステップバス認定車両の一覧・国土交通省
(このリンク先を覧ください)

中型ロング御三家
D-H229/KL-HR1JNEEL-H314/KL-JP252NAN改
H-K600/KK-MK27HM
果たして車幅が『大型より狭いという理由』だけが問題なのか?

エルガは
H-M199/PJ-LV234L1
T代までの導入車両

エアロスターは
H-K538/KL-MP37JK・H-R615/PKG-KV234L2
CNGも含めP代までの導入車両

スペースランナーは
K-P519/PKG-RA274KAN
S代までの導入車両

大型も中型と共通しているものがある
それがリンクを貼った『シートレイアウト』にある答え

ワンステ・ノンステ化が進む事で“ツーステップ車主流時代”にはなかった事
“中扉より後は2人掛けシート【都市型】”
(ツーステップ車は実のところラッシュ型座席配置だったんだよね)

着席定員を優先した『都市型座席配置』が本当の元凶だと思う

では都交を例にした場合
【都市型】で明らかに『詰め込み効かない』という意識を持ったからこそ

“V代”から三菱【ワンステ車高のノンステップエアロスター・ラッシュ型】を導入し
“X代”からJ-BUSエルガ【従来車高で着席定員を減らしたラッシュ型】の導入
(X代で導入したエルガハイブリッド車両の一部はこの話に於いて除外)

更に
H-B747/QDG-LV290N1
B代で【ワンステ車高のノンステップエルガ・ラッシュ型】を導入

東急バスの『青葉台・虹ヶ丘』はむしろラッシュ型車両で詰め込み効くようにしているし
一部ロングシート化でも詰め込みは効くようにしている

現行中型ロング車も詰め込み効かないのは座席配置が『都市型』だから
中型ロングでも座席配置が『ラッシュ型』なら詰め込みは効くと思うね

中型ロングより『1.5m弱』車長の短い“エルガミオ(新レインボー)”
2368/SKG-LR290J2
これが積み残し出すのは言わずもがな

単純な『中型ロング=詰め込み効かない』という安っぽい論調構造
吹いて歩くのは如何なものか!?

根拠のない鉄道忌避伝説と同じくらい低レベルな話


P.S
3/5 爆笑問題日曜サンデー・タイムフリー/radiko

梅原淳が出てきたが
川島冷蔵庫とは比べものにならないほど現実視点

川島冷蔵庫は『Y!』の俄が
そのまま大人になった悪い事例
でしかない

梅原淳が『鉄道アナリスト』と名乗ることには何の問題もないね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

大幅なモデルチェンジした『新エルガ・LV290系』ですけど
事業者によって仕様に差があるようで…

東京都交通局
H-B747/QDG-LV290N1
燃費達成車『QKG』でなく未達成車“QDG”だという

東武バス
2977/QKG-LV290N1
こっちはどうも『QKG』であるという

非常口と運転席の間にある大型ガラス
都交は真ん中3枚を大型ガラス固定にし
他事業者は換気できるよう通称『メトロ窓』にしているようですな

さて
“車種別環境情報 路線バス エルガ”を見てみると

燃費基準達成『+5%』の“QKG”方が未達成である“QDG”と比較した場合
QDG 燃費4.90km/l CO2排出量533.8g/km
QKG 燃費4.55km/l CO2排出量575.0g/km

この逆転現象は不思議

しかし、都交が未達成車であるばすの“QDG”をチョイスした理由もはっきりしたね

画像の東武バスQKGは『社2977号』だけど、あと23台入れば3000に到達する

過去いすゞは『6000番』へ逃がしたそうだけど
今回も6000番を使うのかな?

P.S
blog_import_5228a7d0857ba.jpg
スカイツリーシャトル予備車

ラッピング剥がされて一般色に戻り路線運用してたけど
新しい一般中型車“SKG-LR290J2”が入って置き換わったのかな!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

先日、川越市内で見たもの

一見何の変哲もない
川越地区消防局はしご車
はしご車ですが

よーく見てみると
2577/KL-LV280L1改
前照灯周り『7E』とほぼ同じ部品で構成してあるのが見て取れる

前面行先LEDから上をスパッとカットすれば『はしご車』のまんまだよね

さらに検索してみると『西工の消防車』もいるとか…

P.S
もう流行語大賞は『大賞そのものがオワコン化』だろ
あれだけの出来レースしてたらみんなそっぽ向くのは当たり前

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

旅客運送事業者御用達の業界紙『東京交通新聞』
記事切り抜き
読んでいたら『日野ブルーリボン改良』という小見出しを発見
そこで検索するとこんなものにヒット

屋根上は都バス試験車『Z500・Z501』で試用した薄型が本採用になっている

薄型をテストしてたのは同一シャシーの『エルガ』モデルチェンジを見越してたってこと!?
(車高が上がってもトータルの高さは変えられないからね)

モデルチェンジと公表された以上
V-S144/BJG-HU8JLFP
シティは終了とみて良さそうな感じ

エルガハイブリッドも実質止まっちゃっているけど
この新型モデルがJ-BUS供給で『いすゞ』ブランドとして販売されるのかどうか!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

某wikiに『ポンチョはリエッセベース』なんて書いてあったが…

さて見てみよう
9908/BDG-HX6JLAE
ポンチョ

2825/PB-RX6JFAJ
PB-RX6JFAJ・ジャーニーJ
(リエッセのOEM供給だから同等のモノ)

確かにフロントは灯火類を除けばほぼ同じ

『リエッセ』の車体高を若干上げ車長ストレッチしホイルベースを長くすれば『ポンチョ』
そうすることで国土交通省標準仕様バスの認定も受けられる

リエッセは『車いすリフト』を装備しているものの『ツーステップ車』では
国土交通省標準仕様バスの認定は取れにくいんだろうね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

エルガがフルモデルチェンジらしいのでググってみたらこんなものにヒット

三菱は『ワンステップ車体』まんまで“ノンステ化”

いすゞは『ノンステの車高を上げ新規』とするみたい
(三菱のようにワンステ車体流用はしなかったみたい…)

前照灯は『エアロスター』意識しているよね!?

統合車種の『ブルーリボンII』は一つ目だけど
もしこの仕様でJ-BUSから『ブルーリボンII』が出るとすればエルガとの見分けが
外見ではつきにくいという事だね

で『エルガミオとレインボーII』もこの仕様に近いモデル出すの?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

中型車両

大型車の入れない路線環境だがロングボディで『大型車並』の収容力で
輸送力確保できる車両

東京都交通局
L-H314/KL-JP252NAN改D-H229/KL-HR1JNEE
日デJP                  日野レインボー・ロング

H-K601/KK-MK27HM
三菱エアロミディ・ロング

東武系
9730/KL-HR1JNEE
日野レインボー・ロング

この辺の車種が10年選手になり代替が進んでいる

都営は大型車へ移行するが

東武系を始めとする民鉄系事業者は
2886/SDG-LR290J1
統合車種の『エルガミオ・レインボーII』投入に舵を切っている

個人的な見解と断っておくが『ミオ&レインボーII』で通勤時間帯捌けているのか?

運転回数は増やせない
当然『経費や収益』等を考えて組んでいる

中型ロング車両ってまだまだ捨てたもんじゃないと思うんだが…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

以前、早朝の羽田空港で見かけた
江ノ電バス・ワンロマ車

車体ベースになっているのは
D40303/KL-UA452KAN改L-L102/KL-UA452KAN改
KL-UA452KAN改(西工)

23区内で『スペラン・ワンロマ車』を見られるのが
“ヤマト運輸・特定車”

さらに最近見かけた『スペラン・ワンロマ車』を使う事業者
京急の『深夜急行・逗子線』

最初は空港系統かアクアライン系統だと思ってたら
『ナンバープレートが横浜』
いろいろ検索すると『湘南京急堀内在籍車』だった

あのスペランは深夜にしか出てこないので捕獲難度は高いと思う

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

新型大型路線バス「エアロスター」を発表
~ディスチャージヘッドランプを採用しフロントデザインを一新~
三菱ふそうトラックバス


今回の『型式』は
“QKG-MP38FMF”であるらしい

ここからは個人的な私感
『ヘッドライトって“エアロエース”のデザインを嵌め込んだ感じ』だが
正直イマイチ感が拭えない

エアロエースは『曲線を基準にデザインしてある』から
弧を描くヘッドライトが似合う

しかし
急行用マグネット
エアロスターは『直線を基準にデザインしてある』のに
なんで弧を描くようなヘッドライトを使ったのか!?

QKG-MP38FMF・各事業者導入事例

リンク先を見てもらえばわかるとおり
帝産・名鉄・東急の実車『フロントの処理』が微妙…

都営がもし導入するとしたら『フロントの処理』はどうするんだろう?

P.S
現行エアロノンステ(都営でいうV代以降)
変な呼称『ゲテノン』とか言ってるけど
そもそも『ワンステ車体をノンステ車体へ流用』しただけの事じゃねぇか…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

Z代“エルガ”『導入→使用開始』になっているようだが

X代の一部で採用された『ハイブリッド車』でなく
ノーマルディーゼル『アイドリングストップ』らしい

日野
V-S144/BJG-HU8JLFP
ブルーリボン『ハイブリッド』と違い

やはり
最後部座席の一部をつぶして『ハイブリシステム』を搭載するのが
交通局の中で『評価がよろしくなかった』とか!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

都バスに現時点で在籍する『中型ロング車』

D-H229/KL-HR1JNEEL-H314/KL-JP252NAN改
日野レインボー              日産スペースランナー

H-K601/KK-MK27HM
三菱エアロミディ

どの車種も投入後10年以上経過しているが
この部族の『後継車種』はどうするのだろう?

特に『上23・上26』は青戸の中型車限定

上23
十間橋通りが狭いから『中型ロング限定』と思われそうだが
同じ所を走っている
錦37は
『ブルリハイブリ』や『エルガボディ』を躊躇せず投入している

上26
根津駅前~下谷2丁目『言問通り』が狭隘というのは理由になるが
昔は大型車を入れてたし…

他の基本中型メイン路線でも
車両配車の都合で大型車が入っている実績はある

エルガミオでは収容力に難ありだし…

おまけ
だるまポール
今ではほぼ見かけない『だるまポール』

どこで使ってたのかと思ったら
拡大
『江北六丁目団地入口』で使っていたブツ

でも
この時代は『千住撤退後』なのに、何故この地にあるのかが不思議だ

大体使わなくなったポールは
担当営業所の『本所』へ持ち帰る場合が多いんだけど…

P.S
仕事中『等12系統』で見かけた車両
ここに出ている『M7708』号車、瀬田(S)に異動したんだね

その分『エアロスター』補充していると思うが…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

H代から導入した『日産スペースランナー(西日本車体工業製)』グループ

いつも見ているので
この際じっくり観察してみた

L-H314/KL-JP252NAN改
L-H314【KL-JP252NAN改】・中型
ゼクセル製

Z-K620/KL-JP252NAN改
Z-K620【KL-JP252NAN改】・中型
DENSO製

L-L102/KL-UA452KAN改
L-L102【KL-UA452KAN改】
DENSO製

L-P476/PKG-RA274KAN
L-P476【PKG-RA274KAN】
サーモキング製

『N代・ADG-RA273KAN』も外観はほぼ同じ
“P524”からS代と同じ『DENSO製大型』を搭載

L-S681/PKG-RA274KAN
L-S681【PKG-RA274KAN】
DENSO製『大型』搭載

L代は
【KL-JP252NAN改】を、そのまま大型ワイドにしただけ

N代から
側窓枠の上辺をさげて見た目も変わり
腰高感が解消されたのがよくわかるという…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング



最新記事