fc2ブログ


渋谷駅・五反田駅・田園調布駅から出る『世田谷区民会館』行

地図をよく見ると

世田谷区役所

区民会館と区役所が同居している

現場は
世田谷区民会館
3台駐車出来るスペースあり

『世田谷区役所行』にならないのが不思議な場所です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

『すすき野団地』は所管営業所である“虹ヶ丘・NJ”から1km圏内

地図に出ている


現地は
すすき野団地

東武バスや都営バスは所管営業所から遠いので『団地内待機場』を設けているが
虹ヶ丘からそんな離れていない場所に待機場とは結構意外な気もするんだよね…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

二子玉川より多摩川に沿った場所『砧』

東急バスの砧折返所が存在する


砧本村折返所
いろいろ検索するとここは『砧線の終点駅・砧本村』の跡地だという
(砧線は玉川線と同じ車両だったけど、法規上は軌道線でなく鉄道線だったそうだ)

画像は
旧砧線線路跡
旧砧線の線路跡

バスは旧路線を完全トレースしていないけど『砧線』を味わえる路線

バス砧線を担当しているのは川向こうの『トランセ高津・TA』です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

すみれが丘から東へ5キロ弱


サンヴァリエ日吉

日吉駅へは徒歩圏内で出入りの取り付け道路は細めですが
サンヴァリエ日吉
大型車の運用が組まれています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

田玉線沿線『横浜市・川崎市』の境界付近にある

すみれが丘

現地は
すみれが丘
こんな感じ

路線自体のバス設定本数は多いけど、この折返所を使うのは少なめです

追記
空からバス路線を見てみよう・152.すみれが丘で同じ場所について触れておられる

通りの反対側に『北山田折返場』があったそうだ

地図を見る限り

区画が変更され場所特定位しか出来ないので“追記”とします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

奈良北団地から東に行くと

『鴨志田団地』がある

ただし直接行ける路線がないため『青葉台駅』を一旦挟む

鴨志田団地

同じ団地だけど『奈良北』と違うのは『待機スペース』が大きいです

P.S
鉄道コレクションから『ED5010』が出るという…

ED5060ED5080は重連総括制御を搭載していて『重連運転実績』もある
ED5010は『重連総括制御』非搭載なので2両はいらないと思う

グーグル検索してみると『単機牽引』しかないからね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

真光寺公園からさほど遠くない場所『鶴川団地引返所』

地図上

『和光学園』信号の前
『JKK真光寺住宅』の文字表示のある側

ここも真光寺公園同様
鶴川団地引返所
鶴川駅発着便が共管路線のため『神奈中』が入れる

しかし信号の向かい側には

『和光学園』という

和光学園(神奈川中央交通)
歴とした『神奈中』の折返所がある

でもそれは『学バス系統・スクールバス等』為だけに使う場所なんだろうね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

町田市側も幾つか小田急の折返所が存在する

真光寺公園


画像にもあるが
真光寺公園
鶴川駅発着便は小田急との共管路線のため『神奈中』も入構権あります
(同じ小田急グループな訳で逆に入構権ないほうがおかしいかも…)

小田急と神奈中の町田営業所はお互いに隣接しているし…

東武と朝日の関係に似ているような感じ
(東武に当てはめてみると『東武>朝日』だが、こっちは路線&会社規模で見ると『神奈中>小田急』)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

前出の『上平尾区画整理』より手前にあるのが


“平尾団地”

ここは
平尾団地
団地構内にある『定番』の形状です

P.S
朝から和光市の『ホームドア不具合』がなかなか治まっていないようだ

ホームドア信者のみなさん『ホームドアは絶対に故障しない』みたいなことを
まぁよくもぬけぬけと言ったよね(嘲笑)

これでもまだ『ホームドアは絶対完璧』なんて言えるの!?

それに『ホームドアがある不動前駅で人身事故』って
ホームドア万能から大きく矛盾しているよね(爆)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

新百合ヶ丘駅から稲城市境方面路線にも折返所がある

まずはこの地図を漠然と見ただけで理解できないが

よみうりカントリーC手前の『向原』

向原
戸建て住宅街の中に存在する折返所です

P.S
おー、またガセネタ投下ですなRM
E233系2000番台の検査担当は『東京総合車両C』って大半が知っているのに…

まだこっちの見立ての方が現実性が高いと思うよね
(CBTC改造の方が確率高そうだ)

長野への『検査入場』っていう信頼性ゼロの文章
一体何と戦っているんだろう(激呆)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

小田急エリアの『折返場』は全部だと思ってたら
“23区・武三”エリアに2ヶ所残ってた

まずは

世田谷区“希望ヶ丘団地”

希望ヶ丘団地

一説には『経堂駅』が整備されるまでの主力だったとか…

現在は朝と深夜にこの折返所を使う便があるようですけど
日中は『中にあるバス停』へ立ち寄るためだけに入ります

小田急バス『川崎・町田エリア』の折返所も路線図から推測できる場所は現地確認してあります

P.S
南田のバカ、同じ台詞を2度以上繰り返すなよ
あれはどう見てもみっともないだけだって…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

東武バス日光の車両を見に行った時に立ち寄った


この画像を撮った場所
2537/KL-LV774R22557/KL-LV774R2
『東武日光駅前待機所』

現在は待機・休憩の為に専ら使用されているけど
過去この場所が『初代日光営業所』の土地だったようである

1963年頃の同付近航空写真
霧降大橋と『現在の日光営業所』すら見えない

1976年頃の同付近航空写真
霧降大橋と『現在の日光営業所』がはっきり映り込んでいます

東武百年史より
変遷3
湯元にあった出張所を統合し、日光エリア全体の再編ってのもありそうな気がする

P.S
川崎鶴見臨港バス、臨海工業地帯方面は路線図を見る限りにおいて
『企業の敷地内転回』が多そうだね

川崎鶴見臨港のエリアで一般利用者としていけるのは『浮島バスターミナル』だけと見てよい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

前記事の『ウィーガーデン西東京』を“関東バス路線図”で見つけた時
同じく西武エリア『保谷付近』“天神山”なる地名の場所まで路線が延びている事に気づく

天神山とは

この地図中心地『西東京市』にある

夜画ですけど
天神山
こんな感じです

西武バスの発着もあるし当然の事ながら『西武エリア』なので
“西武バス管理”でしょう
(鷹21が関東バスとの共管路線なので入構権はありそうです)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

大森・平和島・産業道路でよく見かける行き先の一つ『森ヶ崎』
どこに存在するのか?

この地図中心地

東京労災病院の先、どん詰まりに存在します

夜画ですけど
森ヶ崎操車所
こんな感じ

東海道線を境に山側は基本東急エリアなので
都内京急エリアはそれほど大きくはないです

東京労災病院もこのエリアでは大きな病院に入るので
でも京急の駅やJR駅からは歩くと遠い

バス路線を入れるには必要な場所です

P.S
またバカが出た『46年間』何を学んできたのだろうか?

多分、根っからの鉄道好きじゃないだろうね
ただの『ポケモン集め』と同等の生物“いきもの”であろう…(激呆)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

吉川営業所・三郷営業所のエリアで待機所らしき施設はあるのかないのか?

グーグルマップでまずは下調べするも

ここ『三郷市役所』しかない…
(航空写真モードで探すものの武蔵野線南側で
吉川・三郷両営業所以外にバス待機施設が見当たらない)

ストリートビューモードにすると
『回送表示の東武バスが市役所前』で写っている

現場は
三郷市役所1
正門側に『東武バスが1台待機可能』

奥は
三郷市役所2
マイスカイ交通と京成タウンバスの転回場兼乗り場ポール

設定本数からすると『三郷市役所構内』で休憩が設定してあるのかも…

タウンバスの『使用の本拠』は“葛飾区奥戸で足立ナンバー”

しかし三郷まで入ってくるタウン車はマイスカイと共同運行の為なのか
『ICカード使用不可車』で来る

利用の際はご注意あれ

P.S
これはひどい、DD51もいずれこの色にするのか?(激呆)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

花畑団地からちょっと離れた場所


『六ッ木都住』にも

詰所を持った
六ッ木都住
折返所が存在する

ただ『花畑団地・六ツ木』に共通することは
集合住宅(団地)を背後に持っているということ

平日朝ラッシュに駅方向への便に使う車両を
路上待機させれば交通障害(渋滞)の元になりかねない

都営バス『豊島5丁目団地』の折返所と同等の効力をもつ施設

ここの発祥と管理は東武バスだが『東武グループ・朝日自動車』も入構する

朝日自動車は2000年代に入り
『足立区コミュニティバス受託事業者』になり『六ツ木都住』へ路線開設

ただ朝日自動車の“使用の本拠”は『越谷』
休憩の度『越谷往復』では効率がよろしくない

運行時間帯の『食休・中休』には必要な場所
(運行時間外は回送経費の節減で東武バス八潮に入庫&出庫するとか!?)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

リンク先の記事に『花畑団地内折返所』があるというので
自分の営業車転がし行ってみた


地図中心地『花畑団地折返所』

花畑団地

構内は詰所と定期券発売所を兼ねた建物がある

足立本店とはそんなに距離が離れていないけど
勤務時間(拘束時間)との兼ね合いを考えると伊勢崎線の東側に『休憩施設』は
必要なんだよね

あと団地内道路上に長時間バスを停めて出発待機もできないし…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

大宮駅西口発着路線にある『三進自動車』という行先

三進自動車とは東武グループの自動車整備&車検を一手に引き受ける会社
現在の正式名称は『朝日カーメンテナンス』

場所は

大宮西警察署付近

三進自動車折返所
ここは『大宮本店』に回送するロスを考えたら
西口担当系統にとってやっぱり必要な拠点

ここ“三進自動車始発便”に限り『前乗り』という…
都内のような均一区間ならまだしも『多区間』の前乗り扱いは珍しいね

大宮・上尾地区
『平方』
折返所がないので丸山公園折返所を『回送往復』しているんでしょう

『西上尾団地』
乗り場は整備してあるものの待機所はない、2km圏内なら回送で戻す方が効率いいでしょう

『シティハイツ三橋』
乗り場が整備してあるけど、休憩回送は『三進自動車』でやる方が効率いい
(実際、シティハイツからの回送休憩車両を現認)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

池上通り『大森駅西口』にはロータリーがない
でも『大森駅』発着系統が存在できる

それは


東急バス・大森操車所
“大森操車所”があるおかげ

都営バス“宿91”もその昔遠路はるばる新宿からやってきてた

宿91のなれの果てである『森91』
正確には大森駅前まで行かなくて『大森駅(山王口)』が終点
(そうしないと大森操車所へ入れないから)

大森駅前発着するため
環七春日橋を使ってループにすると定時運行に支障があるんだろうね

宿91時代に乗ってみたかったけど
小学生のガキでは何の財力もなかったから無理だよね

P.S
東京急行電鉄自動車部大橋営業所は現在の『首都高大橋JCT』
巨大な構造物に置き換わり当時の面影はないでしょう

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

坂戸営業所の営業区域はどちらかというと『川越』に寄っている

どこかに『休憩所』があるはずだと思い路線図を睨めっこしてみる
答えが見えた『川鶴団地』だ

グーグルマップにもそれらしい場所を発見


現地もこんな感じ
川鶴団地折返所

ただ一部回送で坂戸と出入りしている車両を見たので
勤務時間との兼ね合いだろうね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

宮下からそんなに遠くないので戻り序でに『東新井団地』も寄っておく

地図中心地が

東新井団地『折返所』

電気のついている建物は
東新井団地折返所
東武バスウエストの詰所

ここは宮下と逆で
『天沼担当』だと回送で上がれる距離だが
『岩槻担当』は回送距離が長い
必要な拠点なんだろうね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

先日夜柏まで客を乗せていった近くにこんな施設が…

柏ビレジ折返所
東急柏ビレジ折返所


地図中心地を航空写真に切り替えると『バス』が見えます(SV非対応エリア)

グーグルマップ上の計算とするが“柏ビレジ”を軸にすると『柏駅・西柏本店』とも概ね6kmなので
休憩や食休で回送しても効率はよろしくない
(柏~西柏本店は3km弱なので柏西口周辺に待機場を設けず回送出入の方が効率はいい)

西柏本店はそもそも柏“現沼南”の『子』だったものを組織改正で『営業所』へ格上げし
鉄道本体から分離&地域分社化で【本店】になったもの
100年史を見ると本当の『柏本流』は“沼南(営)”であるという

加筆2021.7.9
東武バスイーストは2021.9.30を持って会社消滅
2021.10..1より東武バスセントラルに統合
ただし会社名は変わっても営業所組織と路線に変更なし

P.S
今回のサーバーダウンは対応が正直いただけないね…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

千歳烏山発着系統のバス
あの狭い『旧甲州街道』の中に折り返す場所があるのだろうか!?

正解は

この地図中心地にある

千歳烏山折返所
この折返所
(この時は丁度新型エアロスターに当たり)

関東バスによる
小田急と関東のポール
荻窪系統の発着ポールも並んでいるけど

この注意書きを読む限り
注意書き
関東バスが『折返所』へ入る権利はない模様

都内各地にいろんな折返所があるけど『賃貸マンション』の1Fが発着所とは珍しい

地面の持ち主は『マンションオーナー』?
それとも『小田急バス』?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

『草41』は起終点とも『操車所』であるが

もう片方の起点


この地図中心地
H-K601/KK-MK27HM
“足立梅田町”

ここは川沿いじゃない土地であるが
メインストリートから外れている為『新田一丁目』同様静かな場所である

そして
千住営業所から近いにもかかわらず回送しないで
ここで食入・中休になるパターンが若干ある

ここが存在する理由は『路線の歴史』を辿っていくと
新谷町“南千住の先祖”が担当していたためじゃないのかと思う

P.S
夜中“第一京浜”を『12-600』がトレーラーに牽かれていたけど
木場車庫搬入日だったんだ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

前出の『荒川土手操車所』

そして荒川・隅田川の対岸に位置するのが


王子駅~豊島5丁目団地間
『王40と王57』の頻発度合いを知っていれば
“どこかに車を時間調整する場所がなければ成立しない”と思うし
王57『赤羽駅~王子駅』間よりも『王子駅~豊島5丁目団地』の方が今やメインと化している

豊島五丁目団地①
乗車側

豊島五丁目団地②
降車側

さすが団地構内に出来ている場所だけあるせいか
待機台数もそこそこ入れる大きさ

23区内の団地ではそうそう無い規模だね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング



最新記事