FC2ブログ


さて東武バスに於ける
KL代“【LV】【KV】と【HR】の関係性”
配置パターンが何種類か存在する

①LVだけ配置
2552/KL-LV280L1改2649/KL-LV280L1改
LV【7E】                 LV【純正】

CE→花畑
E →西柏本店

②LVとHR
2552/KL-LV280L1改2649/KL-LV280L1改
LV【7E】                 LV【純正】

9712/KL-HR1JNEE
HR

CE→足立本店・西新井・葛飾・吉川・三郷
E →沼南

派生形で
2594/KL-LV280L1改2649/KL-LV280L1改
LV【CNG】                 LV【純正】

9712/KL-HR1JNEE
HR

W →坂戸

②LVとKV
2582/KL-LV280L1改2641/KL-LV280L1改
LV【7E】                 LV【純正】

9783/KL-KV280L1改
KV【OEM】

CE→草加
W →大宮本店・岩槻・天沼・上尾


④LVとKVとHR
2645/KL-LV280L1改9785/KL-KV280L1改
LV【純正】                KV【OEM】

2577/KL-LV280L1改9758/KL-HR1JNEE
LV【7E】                 HR

CE→八潮
W →川越

⑤KVとHR
9785/KL-KV280L1改9755/KL-HR1JNEE
KV【OEM】                 HR

W →新座

新座は特殊でLV【280系以降~】配置実績が無い様です

そして

KL-KV280L1改が東武バスを除籍し沖縄の事業者へ転籍!?

多分外見では絶対に見分けつかないので…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

ローカル路線バスの旅Z#14
今回は“ニセコ発→知床五湖行き”

初日
道南B  PKG-RA274PAN  札幌200か2075→倶知安駅
ニセコB PJ- MS86JP   札幌200か1974→小樽駅
JHB   2TG- RU1ASDJ  札幌200か4820→宮の沢駅
    2PG- LV290Q2  札幌200か4792→札幌駅
     札幌ターミナル~札幌駅徒歩往復
    QKG- KV234Q3  札幌200か3855→新札幌駅
北中B  KC- MP717MT  札幌200か2927→江別駅
夕鉄B  2PG- KV290Q2  札幌200か5060→栗山駅
北中B  KK- RJ1JJHK改 札幌200か 983→岩見沢駅

2日目
北中B  KK- RJ1JJHK改 札幌200か1209→美唄駅
     KK- RJ1JJHK改 札幌200か1205→滝川駅
     KK- RJ1JJHK改 札幌200か1259→芦別駅
    2RG- RU1ESDA  札幌200か5177→富良野駅
ふらのB KK- RJ1JJHK  旭川200か 425→西達布
     西達布~幾寅間徒歩
    QTG- RU1ASCA  旭川230か1701→新得駅(列車代行)

3日目
拓殖B  KK- HR1JKEE  帯広200か 241→帯広駅
十勝B  QKG- KV234N3  帯広200か1405→陸別駅
北見B  QPG- LV290N1  北見230あ2121→北見駅
     KC- MS829PA  北見230あ2077→女満別空港
網走B  KL- MS86JP   北見200か 461→網走BT

4日目
網走B  KC- MP717M   北見200か 338→18線
     18線~斜里BC(知床斜里駅)間徒歩
斜里B  PJ- MS86JP   北見200か 214→知床五湖

今回の徒歩連絡は無駄歩きも少なく良かった

中央バスのRJは移籍車じゃなく自社発注みたい
あのタイプを見ると“南海からの移籍!?”って大半は思う

路線車
中央バス以外は“N・P(Q)”で
首都圏じゃ見られない長尺車も多かった

さてルート選択の感想
今回のターニングポイントは“富良野~新得”に尽きる

羽田圭介が“絶対今日中に新得へ行く”って
突っ張ったのは良かった


富良野泊か占冠泊ではゴール出来ないのは明白

バスマップを作っているせいか
“千歳・日高回り”に固執していたのを見た時
“なんで?”って思ってしまった…

田中要次が富良野でゴネたのはみっともない
“リスク”だの“泊まるところが絶対にない”だの…

リーダーっていうなら“ああいうゴネ方はみっともない”

蛭子さんは“リーダー”じゃねぇし
キャラクターとしてゴネても“蛭子さんだから…”っていうのがあったけど

リーダーは引っ張らなきゃいけないのに
“休みたい・腹減った・泊まるところ”って()

挙げ句の果てには“自分の欲しい答えをわざわざ探しに行く”始末

太川陽介は
『まだ、この先に進む路線バス無いですか?

田中要次は
『もう、この先に進む路線バス無いですよね?

太川陽介は“先に進む意思を見せ、能動的に調べる”
田中要次は“もうないと決めつけ自分の欲しい答えを暗に要求する”

だから“リーダー”は駄々を捏ねる人がやっちゃいけないという事

勝ち星が2つ先行してもウカウカしてはいられないね()

次回も“羽田圭介がルート選択で
田中要次のゴネを突っ張ればゴール”
出来る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

赤羽といえば国際興業の都内最北部拠点

基本多く現れるのは赤羽営業所車

その中でも少数派LR
1301/2KG-LR290J3
1301

大型
3068/QDG-LV290N13219/2PG-LV290N2
3068                   3219

5440/QPG-LV234L36813/PKG-LV234L2
5440                   6813

6814/PKG-LV234L28213/PKG-LV234N2
6814                   8213

8000番台は“ワンステN尺”というあまり他事業者で見られない変わり種

赤羽もワンステ車だいぶ減っている

多区間車
3260/2PG-LV290N3
3260【川口】

赤26は全区間都内線であるが“川口営業所”所管線

路線バス旅でいうと県境越えして入ってくる【鳩ヶ谷車】

3267/2PG-LV290N36938/PKG-LV234L2
3267                   6938

6938はワンステだが“現行塗装”
基本ワンステの大半“エバポレーターがグリーン塗装処理”してある…

やはり白く塗ったのは“遮熱効果→冷房効果の向上”を狙ったのかな!?

志村車は捕捉できていなかった()

なお“赤31”という共管路線があるので
A1204/ADG-RA273KANA1233/PKG-RA274KAN
A1204                   A1233
この車両も来ます

A1204は都交でいうとN代
A1233は都交でいうとP.S代の車両

同じ西工96MCでも“規制記号”が違います

赤31“関東バス分”って【A御殿】だったんだ…

P.S
TNC制作の“首都圏ではTVK放映”ゴリパラ見聞録

篠栗八十八ヶ所巡りOPで
やはり“酒飲みありき企画”が
キッズから『不評だ』という出演者とスタッフのトーク

“ほれみろ!!”キッズという視聴者は
『酒飲み番組として視聴していない』という事の証左()


篠栗八十八カ所巡りはグダグタになるのを込みで見る

本来の番組趣旨に戻そうというスタッフの意気込みは見えたと思う

ロケは無理してやらなくてもよろしい
過去の放送回を“Classic”としてやればいいんですよ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

バス用マイマップを作っていて気づいた

今はバスも“○○バス株式会社”を名乗っている会社が多数だが
その出自には基本2種類ある

・鉄道線培養の為や自社鉄道線防衛の為
・鉄道会社とは元々無関係の地元資本等による事業者設立

パターン1
買収し“鉄道本体の中へ『自動車部』”等の名称にした事業者

関東では
東武鉄道・京成電鉄・京浜急行電鉄・東急(旧東京急行電鉄)・京王電鉄
新京成電鉄

関西では
名古屋鉄道・近畿日本鉄道・南海電気鉄道・阪神電気鉄道・山陽電気鉄道
西日本鉄道

これらは
“自動車本部”“自動車部”
“自動車事業本部”“バス事業本部”等の名称をつけ
鉄道本体と同じ運営方法でやってきた

パターン2
系列化はしても鉄道直営部門にしなかった事業者

関東では
西武鉄道・小田急電鉄

関西では
京阪電気鉄道・阪急電鉄

西武鉄道と小田急電鉄はバスを系列化したけど“直営”にはしていない
(小田急は例外として箱根高速バスだけ電鉄直営で発足、分社化後小田急箱根HD傘下へ移行。
組織改編で小田急電鉄の傘下へ戻り小田急バスと同じ立ち位置【並列・同格】になる。)

関西の
京阪電気鉄道・阪急電鉄両社が直営にしなかったのは
ちょっと意外かと思う

あの辺は一番自社鉄道線防衛に敏感な区域なんだけど…

今、大手私鉄の“鉄道直営のバス事業”として生き残っているのは“西日本鉄道”だけ
但しそれは県都である福岡・博多エリア限定で
現在の西日本鉄道本流である“北九州エリア”は直営バス事業から切り離された

まぁ、西日本鉄道のバスエリアも正直採算厳しいエリア抱えているから
分社止むなしって事なのかもしれない

富士急行も御殿場が分社で切り離され直営バス営業所消滅だし…

P.S
京成バス“H221・LKG-RU1ESBJ”に災いが起きてしまった

早速“テレビメディア”は
『京成バス火災』とワーワー騒ぎ立てる報道を開始

あのね
誰も“車1台を恣意的に潰す奴はいません”よ
緑ナンバーもらってたらその位の事を理解している
(ちょっとでも変な事すれば支局からペナルティ来るんだし…)

ちゃんと定期点検やってても
不本意かつ何の前触れもなく“機械的なトラブル”は起きるんです

むしろ何時トラブルが起きるのかを知れる能力があったら…
(地震の予知と同じで“神様”じゃないんだから無理な話)

愚民は何時まで“100%”とか“絶対”を信じるの!?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

東京駅周辺やバスタ新宿でお馴染みの事業者
“富士急行”

分離子会社の“フジエクスプレス”が
港区の“ちいバス”や横浜市内で『一般乗合路線』を運行

そしてマイマップを作っていくに当たり“こんなもの”にヒット

バス営業所
最後の砦だった“御殿場営業所”の分社化

富士急行直営のバス事業が消滅です

御殿場は東京発着系統がないけど
分社営業開始後同一グループ内他社と共同運行かけるのかな?

でも“都内~御殿場”は
“小田急箱根高速バス”と被るからやらないか…

P.S
としまえんの“葬式”でバカが大量に集まる

多少としまえんの閉園経緯は特殊であることを考慮しても
“無くなるって聞くと途端に集まり出す”
常日頃から行っていれば無くなることはない

普段は見向きもしないくせにこういう時だけ
“『私はとしまえん大好き』アピール”するバカ

日本全体がネタ消費に偏りすぎている証左だろ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

TNC制作の“ゴリパラ見聞録”

まず最初に
“コロナ禍でロケに出られない”という理解は持っている(←ここ重要)

本放送より遅れてTVK放送分を見ていて感じる事
・ただの酒飲み番組に成り下がってきた
・酒を飲む理解しているが
前提条件としては旅に行って夕食時に一杯やるからでしょ!?

町田健一郎がどうも言ったような雰囲気を出している
酒を飲むことありきで“企画”進行している感じしか受けない

これでは
単に酒飲み番組として視聴しているなら許容範囲内だろうけど

コロナ禍前から見ている側としては“消化不良感”しかない

そもそもの番組趣旨は
“キッズという視聴者から行き先を募り
アミダ籤で抽選し当たった場所へ
代理で旅をする番組”という筈


このまま今の企画やり続けるといずれ行き詰まりは見えてくる

水曜どうでしょうも
レギュラー企画を一旦やめ不定期企画に移行したけど
その空いた枠に“過去の放送”をやってもそれなりに
視聴者はついてくる

無駄にダラダラ酒飲み番組するくらいなら
過去の放送を“Classic”としてやった方が
ある程度の理解はしてもらえますよ


キー局の“吉本・ジャニーズの出演者たらい回し”“ひな壇”番組にうんざりして
やっと見つけた地方局発の“視聴に値する番組”なんだから…


P.S
290系へモデルチェンジし
ラインナップは『N尺』『Q尺』になり
『L尺』はメーカー設定廃止

現行のN尺を『短尺』なんて言う香具師いるけど

それは
『L尺』と『大型ショート車両』を混同してないか()

234系時代の
“LとN”は上物の箱サイズは一緒
(【L・N】と【Q】の違いは、Qの方が大型ロング車体)

認可とっている形式を見ればわかる通り
『L尺→LV』で『大型ショート→LT』ですから

基本“尺”ってのは
前輪と後輪のホイールベースですよ”m9

上物箱のサイズとホイールベースをごっちゃに考えている残念な奴()


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


社会・経済(全般)ランキング

東武バスでは少数派の“KK-LR”

現在では
2635/KK-LR233J1
ラッピングした2635

2636/KK-LR233J1
原形を留める2636

この2台とも実は“デンソー製”を搭載

そんな中
2601/KK-LR233J1改
東武では珍しい“サーモキング製”を搭載する2601

同一系列の朝日G
2217/KK-LR233J1
朝日本体2217

3035/KK-LR233J1
茨城急行3035

日光交通
5119/KK-LR233J15124/KK-LR233J1
5119                   5124

全部“デンソー製”を搭載

基本朝日GのKK代はLRよりRJ系の方が多く投入しているせいか
どちらかというと“少数派”なんだよね…

そして

RJ代替がじわじわ進んでいる
(277か278のどっちかだな…)

とうとう阪東からPA代行った
RJもあとどれだけ持ち堪えられるのか…

P.S(8/26)
農業高校の生徒が育てた競走馬 2500万円で落札 北海道・NHK

こういうミスリードは良くない

2500万円ってのは“血統評価”と
競走馬としての期待料込み金額


農業高校が生産したから2500万円値が付いたんじゃない

競馬って綺麗なものじゃない
走らなければ処分淘汰されるんだ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

先日“KL-LV”の形態について書いたけど
あまり首都圏他事業者での採用が少ない車種【KL-KV】というのがある

9767/KL-KV280L1改9768/KL-KV280L1改
9767・W天沼                9768・W天沼

9782/KL-KV280L1改9783/KL-KV280L1改
9782・CE草加                9783・CE草加

9789/KL-KV280L1改9797/KL-KV280L1改
9789・W大宮                9797・W川越

OEM供給車だけに端から見ただけでは
エルガにしか見えない
(判断の元は社号が9000台なので“日野”という事)

OEMブルーリボン
これは基本Wエリアに多い

CEやEの場合社号並びで見ると前後に
9712/KL-HR1JNEE9732/KL-HR1JNEE
9712・吉川                 9732・葛飾

9730/KL-HR1JNEE9755/KL-HR1JNEE
9730・西新井                9755・葛飾

9756/KL-HR1JNEE9757/KL-HR1JNEE
9756・葛飾                 9757・葛飾

9758/KL-HR1JNEE
9758・八潮

KL-KVはHRロングから振っている続番

Wでは基本HRロングの捕捉実績ないし
CE草加もHRロング捕捉実績ない

輸送力を考えた結果HRじゃなくブルーリボンOEM車を入れたのか…

両車種の近況
HRはほぼ全滅だし、KV280もどこまで残っているかな?

P.S
撮り鉄犯罪最新速報(爆)

ミカンの木無断伐採だってさ

犯罪者の悪行を羅列すると
・勝手に畑の草刈り
・しなの鉄道線路際にある桜の木無断伐採
・関西本線において線路内立ち入り
・浜松市内東海道本線沿線倉庫の屋根破壊
・山口線タイガーロープ引っこ抜き
・越後線沿いの田んぼへ勝手に水張り
・根府川付近東海道本線沿線農家の“ミカンの木”無断伐採(←超最新)

良識をお持ちの世間様に問いたい
犯罪者のやっている事に正当性は無いですよ

撮り鉄は叩かれても屁理屈を言っちゃいけないレベル
逆ギレ撮り鉄屁理屈並べてみたものの
リプ爆撃食らい垢“@9030Semi_Exp”は削除逃亡→詳細はここ



ネタ消費者はただのゴミクズ
風景と一緒に撮るのは“写真部・カメラ部”であって本当の鉄道好きじゃない

精神的な過食症でクズの拠り所→“ニートトレイン”

だから
どっちにしても鉄道写真しか出来ない奴はオワコン()

脊髄反射で
撮影場所を増やすためミカンの木を切って何が悪い”とか書き込んできたら
“犯罪擁護屑”として晒してあげましょう


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

暇つぶしに1997年東武鉄道から出た“東武鉄道百年史”
資料編を読んでいると面白いことに気づく

現在の
東武バスセントラル“草加・吉川・三郷・八潮・足立本店の一部”
東武バスイースト“西柏本店・沼南”
東武バスウエスト“大宮本店・天沼・岩槻”

プラス
朝日自動車“越谷営業所”(旧東武鉄道バス事業本部越谷営業所)
茨城急行自動車“野田営業所”(旧東武鉄道バス事業本部西柏営業所/野田出張所)

野田線を基点に東京都の都県境までのバス営業エリア

元々、誰の手によって開設された乗合自動車路線なのか!?

“総武鉄道株式会社”
さて勘のいい人ならもうおわかりだと思いますが…

現在の東武野田線を作った会社

後は比較的個人事業者が開設した乗合路線を買収
(戦前は個人バスって事? リストに載っている事業者名が“個人名”になっているし…)

東上線側や川越観光・国際十王・関越・朝日越谷以外のエリアは
小規模事業者や個人事業者名が連なっている

なお、東武バスセントラル“葛飾・花畑”は
花畑乗合自動車という会社の路線だったようです

故きを温ね新しきを知る

そういう事も必要なんですね

P.S

感染する事は予測不能で犯罪行為にすら該当しないけど
最早、山本圭壱という存在が吉本にとって疫病神レベル()

【引き越こして】【自務所】って何?
ホント、頭の程度が知れるよね()


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング

大都市圏乗合事業者よりも地方都市乗合事業者にありがちな“現地出退勤車庫”
いろんな形態の車庫が画像に出ている

多分“1台分の車庫なんて勝手に作っていいんでしょ?”と
大半の素人は思うでしょうが…

答えは“ダメー!!(トムブラウン布川風に)

道路運送法施行規則
第一章
第4条の四

“自動車車庫の位置及び収容能力”

自動車車庫の位置とは“車庫としてある住所”
収容能力とは“営業用車両1台あたりの大きさ”と保有台数分の“使用面積”
(従業員の通勤自家用自動車収容能力は関係ない)

営業所は言わずもがなだけど
たった1台でも常駐の駐車スペースを作る時には
“運輸支局へ届け出をしなくてはいけない”んですよ

ちなみに道路運送法施行規則の中にこういう条文がある

第四条 法第五条第一項第三号の事業計画のうち路線定期運行を行う
一般乗合旅客自動車運送事業に係るものには、次に掲げる事項を記載するものとする。
一 路線に関する次に掲げる事項
イ 起点及び終点の地名及び地番
ロ キロ程
ハ 主たる経過地
二 主たる事務所及び営業所の名称及び位置
三 営業所ごとに配置する事業用自動車の数並びにその常用車及び予備車別の数並びに
  これらのうち乗車定員十一人未満の事業用自動車の数

この条文を知っているからこそ
“妄言(新車を沢山入れろとか、特定の車両を○○系統に使えと)”
バカ発見器で垂れ流している『俄ゴミ』には呆れるだけなんですよ


P.S
近鉄の16200系を見ると
どうしても“通勤特急”にしか思えないんだよね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


鉄道ランキング



最新記事