“市営アパート行”というのが一部時間帯で設定してある
『どうやってやるんだろうか?』と思って現地を見に行く

場所は

地図中心地

現地は
市営アパート降車ポール兼転回路入口
ここから入り

市営アパート転回路出口
ここに出て

市営アパート折返所出口
画像左『北浦和』方向へ戻す

始発便の乗車ポールは『病院系統』とは別に
市営アパート始発乗車ポール
立っています

ここは『東武バス・一般車立ち入り禁止』のポールが立っている
正式な“折返所”です

市営アパートの正式名称は『さいたま市営住宅道祖土戸崎団地』の様です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

さいたま市立病院発着系統に乗ってて
スタフをチラ見したら見えた文字『三室車庫』

正確に言うと道路運送法に規定してある“使用の本拠(営業所)”ではありません
便宜上“三室車庫”としているのでしょう!?

場所は

地図中心地“さいたま市立病院”そば

現地は
三室休憩所

立て看板も建ってます
三室立て看板

600m弱東へ行くと国際興業バスの馬場折返場があります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

シティハイツ三橋から南東へ1.2km弱進むと『三橋総合公園』

場所は

地図中心地『R17新大宮バイパス沿い』

現地は
三橋総合公園
公園に付属している形状です

ただ
三橋総合公園発 大宮駅西口方面時刻表/東武バス
大宮駅西口発 シティハイツ三橋(自衛隊前経由)・三橋総合公園方面時刻表/東武バス

この時刻表を見る限り、それほど使用頻度は高くないようです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

三進自動車から西へ1km弱進むと“シティハイツ三橋”

場所は

地図中心地で『R17新大宮バイパス』を越えた先

ここは
シティハイツ三橋
単純な折返発着所の形態

休憩等は“三進自動車”で行うため、ここまで営業後回送車として出て行きます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

前出の『丸山公園』は比較的新しい場所
現在の上尾営業所路線図で『平方』は発着地として黄色く塗られているものの折返はない

2007年頃同付近の航空写真に答えが…

その場所は

地図中心地に過去存在してました

開平橋上から
旧平方折返所(橋の上から)

奥の細い道側
旧平方折返所(入口側)
出入口だった場所です

元々は出入り口の画像側に県道51号の本線があったようで…
1970年代に新『開平橋』へ架け替え&県道51号付け替えでメインストリートも変わったようです

P.S
さて18時以降『ネタ消費厨御用達ブログY!』あたりじゃ
“西武40000イベントネタ”が大量投下ほぼ決まり

鉄道コムも“西武40000ネタ”が大量反応するだろう(爆)

撮るだけのデジタルデータかき集めするより
『鉄道模型』なら車両が消滅しても手元に残るし走行して楽しめるのに…

何で『撮る事』しか出来ない?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

フェニックスゴルフ場から南東に1.5km弱行くと『リハビリセンター』

場所は

地図中心地

現地は
リハビリセンター
センター構内手狭につき大型車はバス専用の折返所で発着します

P.S
『3.11“6周年”報道』と『東武6050に群がるネタ厨』
両者に共通するのは“ネタ消費”という事だけ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

丸山公園から南西に1.3km弱
河川敷ゴルフ場へ発着系統があります

場所は

地図中心地『荒川沿い』

現地は
フェニックスゴルフ場

指扇駅北口発 上尾駅西口・平方・フェニックスゴルフ場方面時刻表/東武バス
上尾駅西口発 川越駅・指扇駅北口・リハビリセンター・平方・丸山公園方面時刻表/東武バス
フェニックスゴルフ場発 上尾駅西口方面時刻表/東武バス
フェニックスゴルフ場発 指扇駅北口方面時刻表/東武バス

これを見る限り『ゴルフ場発着便は維持線』の状態ですかね

P.S
ニッポン放送ANN、親のフジテレビ同様『迷走』しているな()
深夜帯のリサーチもなく『誰も聞いていないF1・F2』層に向けた人選って…

月曜と火曜はどうあがいても『赤坂』に勝てっこなさそう
赤坂は月曜と火曜の演者が20年固定で動いていないし
確実な“固定客”が一定数いる

人選が安易すぎてANN聞こうという客はいないだろうな(激呆)

--------------------------------------------------------------------
Google Chromeでクラッシュにお困りの方

たぶん“Adobe Shockwave Player”が原因と思われます

Adobe Shockwave Playerダウンロードページへ

今までは『単純なダウンロード操作』だったのに
今回から『FullとSlim』という2つの選択肢が出ています

何もしない場合『Slim(軽量)』が自動選択され
『ダウンロード→インストール』になっているようです

『Full』を選択しないとクラッシュが頻発しHDDを痛める一因になるかもしれません

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

3/4改正に連動する『JR貨物と小田急電鉄』

さてその2社関係時刻表
JR貨物時刻表2017小田急時刻表2017
しっかりと購入

おまけとして
千葉支社ポケット時刻表2017
千葉支社ポケット時刻表も併せて買っておく

去年はほぼ同日改正のため大量買い付けに難儀したけど
今回はある程度バラバラなので出費を心配する必要がない

P.S
TOMIXから『ヤマト運輸』のコンテナ付“コキ106”が出るって沸いてるけど
大半のユーザーは【コキ車持ち】なんだから
“コキ106そのもの”は不要のはずだろ


本当に必要なのは『ヤマト運輸のコンテナだけ』だろに…
何で単細胞的発想“マンセー”に辿り着くのか理解出来ん(激呆)

“要不要”の取捨選択するスキルが全く欠如しちゃってるよ()

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

以前『中型ロング車』について考えてみたが
今も各所で見られる“中型ロング詰め込みが効かない”という事について
改めて考えてみたい

標準仕様ノンステップバス認定車両の一覧・国土交通省
(このリンク先を覧ください)

中型ロング御三家
日野レインボーL-H314
K600
果たして車幅が『大型より狭いという理由』だけが問題なのか?

エルガは
M199
T代までの導入車両

エアロスターは
K538とR615
CNGも含めP代までの導入車両

スペースランナーは
都08・K-P519
S代までの導入車両

大型も中型と共通しているものがある
それがリンクを貼った『シートレイアウト』にある答え

ワンステ・ノンステ化が進む事で“ツーステップ車主流時代”にはなかった事
“中扉より後は2人掛けシート【都市型】”
(ツーステップ車は実のところラッシュ型座席配置だったんだよね)

着席定員を優先した『都市型座席配置』が本当の元凶だと思う

では都交を例にした場合
【都市型】で明らかに『詰め込み効かない』という意識を持ったからこそ

“V代”から三菱【ワンステ車高のノンステップエアロスター・ラッシュ型】を導入し
“X代”からJ-BUSエルガ【従来車高で着席定員を減らしたラッシュ型】の導入
(X代で導入したエルガハイブリッド車両の一部はこの話に於いて除外)

更に
都交千住営業所B747・QDG
B代で【ワンステ車高のノンステップエルガ・ラッシュ型】を導入

東急バスの『青葉台・虹ヶ丘』はむしろラッシュ型車両で詰め込み効くようにしているし
一部ロングシート化でも詰め込みは効くようにしている

現行中型ロング車も詰め込み効かないのは座席配置が『都市型』だから
中型ロングでも座席配置が『ラッシュ型』なら詰め込みは効くと思うね

中型ロングより『1.5m弱』車長の短い“エルガミオ(新レインボー)”
エルガミオ・LR290J2-1
これが積み残し出すのは言わずもがな

単純な『中型ロング=詰め込み効かない』という安っぽい論調構造
吹いて歩くのは如何なものか!?

根拠のない鉄道忌避伝説と同じくらい低レベルな話


P.S
3/5 爆笑問題日曜サンデー・タイムフリー/radiko

梅原淳が出てきたが
川島冷蔵庫とは比べものにならないほど現実視点

川島冷蔵庫は『Y!』の俄が
そのまま大人になった悪い事例
でしかない

梅原淳が『鉄道アナリスト』と名乗ることには何の問題もないね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

GMの『東武634型』に続いて“TOMIX 98234 コキ110”

98234・コキ110 5両セット
ブックケースでなく

blog_import_5228a9530233c.jpg
『コキ102・103』同様紙ケース仕様

基本のベースは『コキ106』と同様だが
コキ110-1
側梁の数が違うだけでそれほどの大差はない

今回
コキ110・5両全車
5両セットとして発売のため『実車と同じ数』を一括導入

コキ106を改造したのは塗装劣化につき“籍”から除外確定です

コキ100系Gで
100・101・102・103は『焼島戻り列車』で見た
(たぶん4R1組だから、ある程度決まったところの列車に出しているみたい)

104・106・107は汎用性の高さから『各地』の運用にゴロゴロいて捕捉に難はないが
105は実際見た記憶がない

そしてこの『からし色コキ110』は正直実車を見たことが全くない
どこにいるのか?

1度くらいは実車を見てみたい

P.S
今後は『大物・11653F』が導入終わればそれほど大きい案件はなさそうな空気感

12ftコンテナと31ftコンテナを追加投入したいね

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道模型 ブログランキングへ



最新記事