中央線沿線で落としてた場所『阿佐ヶ谷駅』


南北の乗り場それぞれに専用設備を持っています

南口は
阿佐ヶ谷駅南口
渋66発着場所が『専用設備』
“一般車両進入禁止”が立っています

バス停ポールが“東京都交通局”仕様だったのは意外です
(京王バス仕様だと思っていたのだが…)

北口は
阿佐ヶ谷駅北口
一般車両進入禁止が立つ『専用設備』

こちらは“関東バスオンリー”です

P.S
田村町交差点で見た『都01・B-V328』
V代エアロなのにフルカラーLEDになってた

今後他車両に波及するのかな!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. こんばんは。

    南口の渋66のバス停ポールが都営仕様なのは、かつて梅70がここを発着していたころの名残ではないでしょうか? つまりここのスペースは、都営(と共同運行をする京王)のみが入構権があったのではないかと。
    かつての梅70は、ここから杉並区役所前まで南下し、そこから右折して青梅街道に入り、あとは延々青梅街道を西下していたようです。

    ( 01:46 )

  2. そうですね
    すっかり抜け落ちてましたi-229

    それでもやはり『私鉄系事業者の強いエリア』で
    都営仕様は異質に感じたりする訳なんですよねi-235

    ( 05:25 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事