川越観光自動車・営業エリア

最後は『大橋』

地図中心地“バスターミナル”と出ている場所

現地は
大橋1
昔から如何にもありそうな場所

一般車進入禁止の立て看板も
大橋2
『川越観光バス』と書き換えてありますが東武時代のものを流用です

坂戸駅付近の狭隘路をよく大型で回していたと感心する路線です

P.S
メトロで物流実験なんていうのをやるそうだが
そもそもが通勤車両で『荷物輸送』に適していない
10両丸ごと荷物が埋まったりする事はないだろうね

正直『コスト』だけ掛かる壮大且つ無駄な実証実験
昔みたいに『1両で動ける専用車両ならコストかかってもPAY』しただろうけど…

国交省の新しい予算獲得するための詭弁レベルだろうね
(実証実験と称せば予算とれるし、ある程度のところで『あとは民間がやれ』と突き放すだろう)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事