『CBTC化工事のためではないのか?』と言われているE233系2000系長野配給

さて事実の積み上げから見えてくるもの

小田急4000形
4053F

メトロ16000系
M16000系

E233系2000番台
E233系2000番台

デジタル無線化は既定路線だったし自分のところで開発した
『ATACS追設工事』できるようも織り込んでいるのではないのか?
(海外展開のためにCBTCも入れることで欧州規格の単一化阻止とも言われている)

また16000系にワンマン準備も設計図で確定している
E233系と4000形もある程度『ワンマン機器追設工事準備』出来ていても不思議じゃない

千代田線ワンマン化も公式には認めていないけど
それなりの証拠物件が上がっているわけで…

ワンマン化の暁には
『副都心系統』同様“全検上がり後試運転”してから営業復帰という事になるんだろう

そうすると『JR車は霞ヶ関』迄で『小田急車は湯島』で返すのがなんとなく見えたりもする

また
丸ノ内線にCBTCを導入

当然『銀座線1000系』も“CBTC機器”追設しなきゃ“中野への全検入場”も出来なくなる

あくまでも一素人の全く勝手な見解ですが『事実の積み上げや動向』で
大体どう動きそうなのか見えるんですよ…

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事