18きっぷ『1回目(7/20)』は水郡線と磐越東線の消化

1325Mで
1325M
まず水戸へ

水郡線1発目
925D
925D『常陸太田』で枝線消化

枝線は途中駅交換設備無い上に
常陸太田駅
『常陸太田』が棒線1本

上菅谷~常陸太田間は1列車しか入れない
次の列車は前の列車が上菅谷へ戻ってきてやっと入れる

上菅谷駅
上菅谷駅
『奥久慈』時代を忍ばせる長いホームと構内

329Dで
329D
郡山へGO!!

途中の『常陸大子駅』
水郡線営業所1水郡線営業所2
国鉄時代『大子機関区』と呼ばれた場所だけに規模はそれなり

水郡線営業所3
DE10『西金工臨』は『吾妻線・小野上工臨』と同じ事がわかった

ただ『水郡線営業所』と言われる割には
『水戸運輸区本体』の運転士が混用で乗務入ってたね

白棚線分岐駅の
磐城棚倉駅
『磐城棚倉駅』

この空きスペースが『白棚線』だったのかな!?

おまけ

E130の乗降促進

東急の『池多摩線』に似ているような気がするんだけど…

にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



最新記事