以前『スカイツリーシャトル』には乗ってみたが
小江戸名所めぐりバスには乗ったことがなかったので『乗車』してみた

経年で
川越9704号車
9704号車が退役し新型車両に置き換わったというのもある

ちょうど
小江戸名所めぐりバス2960号車
2960号車にビンゴ

スカイツリーシャトル同様
車内エンブレム
エンブレムと

天窓
天窓を装備

改造は前回“スカイツリーシャトル”同様『岩戸工業』が施工

『6速+R』のFCTがついていたので型式も“SDG-LR290J1改”と推定
ナンバープレートは『2019年ラグビーWC』協賛のプレートになっていました

予備車両
blog_import_5228a7d0857ba.jpg
スカイツリーシャトルは『エルガミオ』

小江戸名所めぐりバスは検索すると『レインボーII・9986号車』です

ウエストエリアはどちらかと言うと『レインボーII』の比率が高いからね

昨日は市内メインストリートが通行規制のため迂回運転していました
(連休中はどうも迂回運行をやるため時間が通常時よりかかります)

これで東武バスの特装車両
『スカイツリーシャトル・小江戸名所めぐりバス』を制覇しましたが

残る“東武バス日光”の
9910号車
世界遺産めぐりバスも乗ってみたくなる

P.S
S-TRAINも500系(東武)も6月以降なら『飽き』が始まるだろう
『Pasco・E001系』にネタ厨・ポケモン代替厨・写真部が湧いているからそろそろ手薄になるのは間違いない

野田線の500系運用
1403Aと1405Aの折返回送が終電までに『春日部支所』に戻すのか?
それとも翌日の午前中までに『春日部支所』へ戻すのか?

これって結構重要な話だけど、大体どこを見ても『撮った・乗った』ばかりなんだよねぇ…
撮る・乗るばかりじゃなくて“運用”も気にしてみたらどうですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ
スポンサーサイト

以前、五霞役場線で朝日カラーの
エルガミオ・LR290J2-1
SKG-LR290J2を見て乗る事が出来た

茨城急行の
茨城急行SKG-LR290J2
SKG-LR290J2を発見(乗る事は出来なかった)

この新車から茨城急行は社号とナンバーを合わせているみたいだね

親の東武は
臨時2号車・2973号車
QKG-LV290N1を導入しているものの
未だ中型SKG-LR290J2の導入は確認されていない

P.S
草加営業事務所管内、系統番号変更のお知らせ・東武バス

松原団地駅の名称変更に伴う変更らしいけど
『松○○』から『独○○』というのにならないのは良かったと思う

-------------------------------------------------------------
大宮駅に“RAILYARD”っていう店が出来て俄共が開店と同時に大挙襲来したらしいけど

あれって別に昔も似たようなことやってただろ()
上野駅入谷口にあった【ホイッスル】という店

そういう事を知っているからわざわざ行こうなんて思わない

こういうのも結局は『ネタ消費』でしかない

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

正月3が日だけ設定・運行される臨時系統『亀有駅~西新井大師』

いつもは西新井営業所構内で見るだけだったが
今回は亀有駅で待ってみた

臨時1号車・2924号車臨時2号車・2973号車
①2924号車                      ②2973号車

臨時3号車・2964号車臨時4号車・2684号車
③2964号車                      ④2684号車
(リンク先時刻表の号車番とこの丸囲み数字は合わせてあります)

元日の使用車内訳
QKG-LV290N1×2台
QPG-LV234L3×1台
KL-LV280L1×1台

計4台 葛飾営業所所属車両

途中『環七梅島陸橋』まで同じルートを走る
足35・2903号車
足35は2903号車

足35はそれにしても振るわない路線だね…

隣の綾瀬駅同様『八潮営業所』の車両も入ってくる
9758号車
HRの9758号車

乗合表示がステッカーで固定しておらず
9758号車『乗合』プレート
プレート表示

たまに『貸切札』を入れ“特定”使用されているようです

290系の後部が『絶壁』とよく言うけど234・280系と比較してみよう

234・280系
旧仕様エルガリア

290系
現行エルガリア

非常扉位置を最後部ギリギリへ持ってきたのとワンステ車高まで上げたため
『絶壁』に見えるんだろうね

P.S
5177Fを30日より営業投入したが
30日.31日.1日と3連荘で『11K』にぶっ込みだね

2日もまた11K入れる!?

ローカル路線バス乗り継ぎの旅、有終の美は飾れなかったけど
8回失敗しているということは『過剰演出・やらせなし』の裏返しでもあるんだよね
だからこそ視聴率もとれるわけですよ

次の出演者『新バージョン』に期待してみましょう

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

『五霞町役場』へ行く時に乗った“五霞町役場線”

噂通り
エルガミオ・LR290J2-1
SKG-LR290J2が充当

当然
エルガミオ・LR290J2-2
給油口が前ドア側へ寄せて設置されたため

QKG-LV290N1同様
エルガミオ・左前輪部
ヲタ席がない

製造プレートを見るしか
LR290J2のプレート
レインボーorエルガミオの判定材料がない

都心寄りの事業者ではまだ少数の新エルガミオ
五霞町役場線であっさり乗れました

同じ系列の関越交通


検索してみるとこちらは『SKG-KR290J2』で“レインボー”みたい…

P.S
迷走の西武…


もうこういう変な愛称を無理してまで付けるの止めにしない!?

多分広告代理店あたりがバックにいるんだろう
東急と横高はどう見ても『S』関係ないじゃん…

内輪で会話する時に『Fライナー』というワードを使ったことない

普通に
東武→『地下直急行』
西武→『地下直快急』
東急→『東武直通特急・西武直通特急』で済む話

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

慈恵休憩所を探しに行くため、久しぶりの阪東自動車に乗車

そうすると丁度
新エルガ
慈恵便に新型エルガビンゴ

噂通り
エルガ・左前輪部
ヲタ席がない…

もう外見では判定つかないから
ISUZUの銘板
この銘板かハンドルの『メーカーマーク』を見るしかない

都心寄りの事業者で乗れず阪東で新エルガに乗れるとは…

未だ
QKG-MP38FK
これにありつけてないんだよね
(この画像は別日撮りです)

それにしても
阪東・スペースランナー
エアロスターやスペースランナーという東武グループの他事業者では
採用されない車種を入れたりするのが阪東自動車…

あれ、新エルガと新エアロスターは何かが微妙に違うと思ってたら
『系統番号』を表示するようになったんだね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

「小江戸名所めぐりバス」に新型特殊車両を投入します!!・東武バス

デザインは
blog_import_5228a7ed35c79.jpg
スカイツリーシャトルと同形態『SDG-LR290J1改』

特殊仕様は1両だけ投入し
もう1両は“スカイツリーシャトル予備車(PA-LR234J1!?)”と同じ考え方で
blog_import_5228a7d0857ba.jpg
ノーマルエルガミオをラッピングし使う予定という

このレインボーKK-HR1JKEEも
川越9704号車
老い先長くはなさそうだね

P.S
4K・8Kテレビだと騒いでおるようだが
くだらないバラエティーやお笑いを高画質で見たところで本当に面白いと思う?

付加価値が『高画質』しかないテレビはもうお仕舞いなんだろうね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

以前“三進自動車”には行った

あそこはウエスト車の車検をやってそうだけど
車体更新&朝日自動車グループ転籍改造実績がGoogle検索で引っかからない

ということで先月
もう一つの東武バス整備拠点『朝日カーメンテナンス福居工場(旧足利自修)』に行ってみた

福居駅下車徒歩約10分歩くと

朝日カーメンテナンス福居に辿り着く

現地
営業所側
営業所事務棟側

道を隔てて

反対側は


第2プール
第2プール

第2プール側にいた車両
部品取りっぽい車両群
部品取り!?の車両

新しい群馬ナンバーを付けたレインボーワンステップ車
関越へ移籍っぽいレインボーワンステ
ASAHIを消しただけなので関越交通に移籍しそうな感じ

国際十王のブルーリボン
ブルーリボン国際十王車
阪東カラーなので元々は『阪東車』っぽいね

2115号車
朝日2115号車
ナンバー外されているがまだ現役出来るでしょ!?

春先に『湯元と中禅寺』へ行った時乗った
TB日光2537号車・1M
路線仕様の2537号車“富士1M車”

まだ1Mは車検通して現役として使えるでしょ

事務所側は
日光交通5177号車っぽい車と旧西武7E車
阪東カラーだけど『NIKKO』と貼り付けてあるので多分“日光交通5177号車”であろうと思われる車両

その隣には東武系自動車整備会社なのに西武カラーの7E車???

確かに
旧西武バス7E
西武バスだった7E車

A8-501の跡
“A8-501”とうっすら読めます

西武系も自動車整備の系列会社はあるだろうに…

P.S
ポケモンだと大騒ぎしているが、あれシステムは“イングレス”そのものだろ

イングレスにポケモンを足しただけ
それをわからないでワーワー騒いでいる情弱には呆れるだけ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

朝日自動車・バス部門の『正式塗装』は
2287号車
基本これだよね!?

何だか検索してみると
東武鉄道バス事業本部・貸切車旧塗装
これ【観光塗装】に類似した塗装が『朝日の専用塗装の始まり』だったとか
言っているのを見かけたのだが…

いやいや
それは移管するために乗合免許を取った後『正式な塗装』を制定する手間を省略するとか
諸々『大人の事情』によって“朝日塗装”として使われただけだろ!?

また鬼怒川地区(旧東武鉄道バス事業本部鬼怒川出張所・現在の日光交通エリア)で
使用するにあたり貸切車を落とした為このまま路線運用に入ってただけだし…

何を以てしてご発言しているのか呆れるばかり

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

先日、渋川駅前で見かけたもの
関越交通キュービック

今やノンステでも消滅してしまったキュービック

関越交通は前後車の『ツーステップ車』が現役
ほかにもJ-BUSへ移行する前の『ブルーリボンツーステップ車』もバリバリ現役

ただ中型ノンステップ車導入もじわじわきているので
この大型車グループがいつまで活躍できるのかは不明です

P.S
20070系『21873F』は、ドア開扉時チャイム鳴らないんだけど
“中の人”は知っているのかな!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

国際十王は熊谷側より乗り入れてくる『東武系事業者』だが
東武直営から切り離された東上線東松山以北エリアの主力は“川越観光自動車”

ただ川越観光自動車は車体が『朝日カラー』の事業者なのに
川越観光 ブルーリボンII・ワンステ車
ブルーリボンII・ワンステップ車

川越観光 ブルーリボンシティ・ワンステ車
ブルーリボンシティ・ワンステップ車

川越観光 ブルーリボンII(ノンステ)らしい車
ブルーリボンII・ノンステップ!?っぽい車両

親の朝日に比べて毛色の違う車両が多い

同じ朝日系事業者の『阪東自動車』は人口の多い柏・我孫子エリアで営業している為
大型車が多いというのは理に適っているのだが…

ちなみに大型車は『高坂駅』発着路線を主力として運用
(実際に鳩山ニュータウン行に使ってたし大学系統の使用も多い)

KKJ管内の『休憩所施設』は記事(ネタ)出し順番の都合もありますけどほぼ全部回ってます
しばらくお待ちください

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

先日、東上線の川越以北『東武バス直営から切り離された地区』を探検した時
熊谷エリアの『東武系バス事業者』である“国際十王車”に遭遇

森林公園駅北口
国際十王 エルガミオ(森林公園便)
立正大学便(入試とぶつかったので臨時便も出てた)

東松山駅東口
国際十王 レインボー(東松山便)
熊谷駅直通便

国際十王は基本中型車両主力で回しているようです

P.S
『奥津軽いまべつ』『木古内』を揶揄する内容が最近ちらほら見かける

利用客については確かに『?』をつけざるを得ないというのはわからないでもないが…

基本そんなことがあっては困るのだけど
不幸にして『青函トンネルに何かが起きた時』の為には必要な駅

その点の理解はしようよ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

“川口駅←→新栄団地線”という1日4本という系統に乗ってみた
川10・新栄団地行

川口駅発時刻表(本線である草加系統と混ざっているので閲覧注意)
新栄団地発時刻表

側面LED表示器
川10・側面LED
『戸塚安行駅経由』というのがミソ

ちらっと撮れた
川10・行路表

平日も同じ時間なのでこのパターンでよいでしょう

1台で運行回数『4回』を回すんだね

ちなみに某自称百科事典気取りwikipedia・東武バスセントラル草加営業事務所では
【一日5本のみの運行】なんて記述しているけど
公式発表時刻は『上下4本ずつ』ですよー(棒

P.S
近鉄特急の塗装が大々的に変わるという…

やっぱり
あのオレンジ色と紺色があってこその『近鉄特急』だろ!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

バス営業所の位置と路線図から『折返所』を割り出しGoogleMapや検索等で確認はできた

朝日自動車
越谷営業所 → 草加新栄団地
        せんげん台第四公園回転場
        (両場所とも旧東武から朝日へ移管とみてよい)

杉戸営業所 → 春日部駅東口発着は『豊野工業団地』待機場使用
        春日部駅西口発着は『かすかべ湯元温泉』付近の待機場

菖蒲営業所 → 菖蒲(車庫)側基準で行路表作成
        菖蒲仲橋待機場使用は出入り車両見る限りランダムダイヤ
        上尾・東大宮発着系統は『ウエスト大宮本店』で休憩
        (この時上尾駅東口へ大宮側から進入する朝日車両を現認済)
        蓮田発着は『江ヶ崎馬場折返所』が休憩場所
        (岩槻駅~東埼玉病院線も江ヶ崎で回送休憩を現認)
        桶川発着はスタフをチラ見したけどそれほど待機時間取っていない

久喜営業所 → 久喜駅東口・幸手駅発着とも『回送』で出入り(休憩・待機場はエリア内に見つからず)

加須営業所 → 加須発着は『回送出入』
        吹上駅発着は『行田折返場』基準で作成(車庫往復は回送で出入りでしょう)

境営業所  → 関宿中央ターミナル基準で行路表を書き
        関宿中央ターミナルが『休憩場所』なんだろう

太田営業所 → 妻沼聖天
        妻沼終点(上記“妻沼聖天”とは別の場所)

本庄営業所 → 児玉折返所

川越観光自動車(KKJ)
パークタウン五領・鳩山ニュータウン・ニューシティにっさい入口・小川町駅・鴻巣免許センター・東毛呂駅
6ヵ所に休憩施設あり
(北本発着路線は虱潰しにエリア内探してたら航空写真で
“富士重工産業機器カンパニー桶川工場内敷地”にバス1台止まっているのを確認できた)

東武バスウエスト
八幡団地・新荒子・東坂戸団地に『折返場というか転回場』を確認しているが
バスの本数が少ないので現地調査は流動的

新座団地にも折返所が存在するんだが『新座営業所』から2kmもないのにね…
(共管路線の西武バスも入構権はあるらしい。ストリートビューで確認すると
“東武バスの立て看板”が立っているので『東武』が管理しているみたい)

国際十王交通(熊谷エリア)
広域かつ本数が少なめなので実地調査はやれないだろうね

その他地方行政団体が運営する公共施設等に
見えない『バス休憩スペース』が存在するんだろう
(東武バスウエストエリア・大井総合支所“旧大井町役場”に航空写真とSVで待機車両確認)

ただ東京23区と交通事情が違うというのもある

都心部で15分走れる距離と
国道16号外側で15分走れる距離は大きく違う

だから運転士1人1台でバス回し・広域運用とかやったりするんだろうね

P.S
入間航空祭臨があったみたいだが大半は『入間市行』の画像をベタベタ貼り付けるだけだろ

その裏に見え隠れする『車両運用』の話とかって出来ないんだよね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

イースト『西柏と沼南』の関係性とは!?

東武鉄道100年史を買っておいてよかった

資料事実として出しましょう(出典・東武鉄道百年史 資料編より)
変遷1
その1

変遷2
その2
(Wikiへ無断転用しないでください。お断り申し上げます)

茨城急行自動車・野田営業所の前身である
野田営業所は『S26』の時点で現存

S56.4.1に『柏営業所野田出張所』へ格下げ

2001年頃閉所し茨急へ移管

某自称百科事典Wikipedia『沼南営業所』では
前身である『柏営業所』について“野田営業所柏出張所”が起源と書いてあるけど
東武100年史を読む限りS37の時点で新設営業所だよね

現在の

西柏本店はS57.11に『柏営業所西柏出張所』として新設

S61.5.11に営業所へ格上げ

柏営業所は


16号・島忠柏店
16号線『島忠柏店』のある場所から


H元4.1に現在の『沼南』へ移転

2002年頃にバス事業本部から分離分社化され『イースト』となり
西柏と沼南の立ち位置が逆転

本来『柏営業所』の流れを汲むのは『沼南』だったんだね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

埼スタ特定輸送に現れた
2552号車
足立本店の7E黒サッシ車『2552』

さてここで『変だな!?』とか『妙な違和感』を感じた方は正解です

それは
2552号新ナンバープレート
このナンバープレート

もうわかる人はわかっていますよね
都バス足立ナンバー車A代よりも後のナンバープレートが取り付けてある

以前のナンバーは『足立200・か・406』

一度廃車する予定でナンバー切ってみたものの諸々の都合で再登録&プレート再交付やったって事?
そうとしか考えにくい行動だと思うんですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

同じ『東武系』で行先も全く同じなのに違うモノがある
それは“正面行先表示”

朝日自動車
朝日車LED表示
【直行・埼玉スタジアム2002】

東武バスセントラル
春日部ナンバー車
東武CE車LED表示1(春日部ナンバー車)
【直通・埼玉スタジアム2002】

足立ナンバー車
東武CE車LED表示2(足立ナンバー車)
【直行・埼玉スタジアム】

東武バスウエスト
東武W車LED表示1東武W車LED表示2
両者とも【直通・埼玉スタジアム】だが“文字の大きさ”がなぜか違う

右後からだけど
7E『黒サッシと銀サッシ』の並び
同じ7Eの『黒サッシと銀サッシ』の並び

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

朝日自動車の後は“親・東武バス”の北越谷発着の『埼スタ運用』を観察してみた

以下発車順通り(数字番は子朝日との通し番号です)

東武バスセントラル
9782号車9783号車
9782号車『4』                      9783号車『5』

9922号車2904号車
9922号車『8』                      2904号車『9』

2649号車2755号車
2649号車『12』・吉川営業所             2755号車『13』・足立営業事務所(本店)

2552号車2582号車
2552号車『16』・足立営業事務所(本店)      2582号車『17』・葛飾営業所

東武バスウエスト
9945号車2602号車
9945号車『18』・天沼営業所             2602号車『19』・大宮本店

5087号車
5087号車『20』・岩槻営業所

16時~18時の2時間見た結果
『18時』の段階で【18.19.20】が待機し15分間隔で運行だから
東武と朝日合わせて20台が使用数でいいと思う

代表戦だと更に『5~10台』は追加すると予想しているんだが…

埼スタからJR方向は基本『国際興業』のエリアなので東武に路線権はない
JR方向も『国際興業』が特定路線持っていると思う

予想だけどラッピングからして9782と9783は【草加】

草加営業事務所は足立区の大学で『オープンキャンパスシャトル』に車駆り出され
埼スタ運用も掛け持ちという

という理由から
2649とセットで2904あたりは吉川番号っぽいんだけど

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

3日の代表戦は無理だったが6日に埼スタ2002で『カップ戦』があるというので

北越谷発着の『埼スタ運用』を観察してみた
以下発車順通り(数字番は親東武との通し番号です)

16時頃より発車開始
2266号車2099号車
2266号車『1』                      2099号車『2』

2348号車2287号車
2348号車『3』・越谷営業所(越谷ナンバー)    2287号車『6』

2311号車2089号車
2311号車『7』                      2089号車『10』・太田営業所(群馬ナンバー)

2260号車2260号車
2090号車『11』・太田営業所(群馬ナンバー)    2260号車『14』・太田営業所(群馬ナンバー)

2223号車
2223号車『15』・境営業所(土浦ナンバー)

何も脚注なしは『春日部ナンバー車』ですけど“久喜・越谷”の判定は
社号だけではわからないのでしません

遠くは群馬・太田から持ってきたのにはちょっと驚き
(境は昔の宝珠花系統を知っていればそんなに遠くないことはわかります)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

西新井営業所で見つけたもの
西新井5126号車
(スマホ撮)

『足立200・か・31-56』って新車じゃん…

ここからはあくまでも当管理人の勝手な私見であり
『中の人達』は何も言及していない事を予め断っておきます


新車を入れたと言う事は当然『代替』を念頭においている

東武バス各社の『HR』が経年で落ちている事実

この西新井所にいる『チョロQ』
東武CE9708号車・レインボー7m
KK-HR1JEEE(レインボー・7m)

この登録番号は『都バス・足立ナンバーK代(H14)とL代(H15)』の間に登録された車両

チョロQの置き換えの可能性は十分にあると思うのだが…

同じ小型車両カテの
東武CE2825号車・ジャーニーJ
KK-RX4JFEJ(ジャーニーJ)

この登録番号は『都バス・足立ナンバーT代(H21)』直前番号
まだ現役続行出来るでしょ!?

ちなみに
東武100年社史【97年発刊】によると、現在『親→足立営業事務所・子→西新井営業所』ですが
現在の『親・足立』はS41年3月10日現在で存在しています
(設立当初は“子”だったとか…。
西新井が親・足立が子だったのをS42年の組織改正で入れ換えたようです。
そして実のところ西新井の方が足立よりも歴史が長いという…)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

上尾駅東口は“大51”を除き『朝日自動車』へ移管

西口は『本体・ウエスト上尾』なのに…

全車種の捕捉は無理だけどやってみた
朝日2217号車朝日2218号車
2217号車                        2218号車

朝日2239号車朝日2257号車
2239号車                         2257号車

朝日2316号車
2316号車

旧東武直営時代と違い基本『中型車』で運行
路線の行先はほぼ『旧東武直営時代』のまま

『高崎線』を境界にすると
西側は上尾団地があり人口密度も高く直営として耐えうると判断されたが
東側は『上尾直営=親』で“菖蒲(直営)=子”というのは『効率上好ましくない』と
判断され朝日へ切り離したのであろう

大宮ナンバーは『菖蒲町』時代に登録された車両
春日部ナンバーは『久喜市合併後』に登録された車両だね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“ウエスト上尾営業所”

上尾5010号車上尾5024号車
5010号車                        5024号車

上尾5045号車上尾5049号車
5045号車                        5049号車

上尾9806号車上尾9881号車
9806号車                        9881号車

上尾9906号車上尾9928号車
9906号車                        9928号車

上尾9933号車
9933号車

上尾は『親・大宮』と同じで“日野車ワンメイク”

上尾にもいました
社号拡大(5045)
【乗合】が車体に直接書いていない車両

いざというときは貸切に『切り替え』可能なの!?

P.S
北11にレインボーHR出してきたけど『足立の花火』対策シフトみたいだね
それもそうだけど『花畑のHR』って生きてたんだ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“ウエスト天沼営業所”

天沼2605号車天沼5092号車
2605号車                        5092号車

天沼5117号車天沼9767号車
5117号車                        9767号車

天沼9768号車天沼9845号車
9768号車                        9845号車

天沼9982号車
9982号車

基本“日野車”主力という構図は『岩槻』と同様の車両構成
そしてまた『親・大宮』の補完部隊というのも似ている

立地条件は『親・大宮(事)』よりも主戦場である大宮駅に近いはずなのだが
大宮駅以南の路線が比較的多い

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“ウエスト岩槻営業所”

岩槻2609号車岩槻9844号車
2609号車                        9844号車

岩槻9894号車岩槻9927号車
9894号車                        9927号車

岩槻9981号車
9981号車

基本『日野』主力の営業所みたいです

岩槻区(旧岩槻市)に営業所がありながら『岩槻駅』を中心とした路線構築をしていない

越谷発着系統は『旧越谷営業所の管轄』であり当営業所はノータッチ
(現在、越谷系統は“朝日自動車”へ移管済み)

旅客流動は本線に向くよりも大宮へ向くのは自然の流れだし…
『親・大宮』の補完部隊になったのも頷ける

P.S
5050系の“サークルK”が剥がされたようだけど、全編成【T-DATC】対応になったって事!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“ウエスト坂戸営業所”

坂戸2594号車坂戸2628号車
2594号車                        2628号車

坂戸5029号車坂戸5030号車
5029号車                        5030号車

坂戸9848号車
9848号車

ここは『親・川越』同様いすゞ車も入っている

東上線沿線の同じウエスト3営業所でもこんなに個性が強いというのは意外な気がするね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“ウエスト川越営業事務所”

川越2653号車川越5114号車
2653号車                        5114号車

川越5120号車川越9704号車
5120号車                        9704号車

川越9797号車川越9937号車
9797号車                        9937号車

ウエスト川越では珍しい!?と思われる9704号車

同じレインボーノンステップ中型車
吉川9804号車
CE9804号車と『非常口』の位置が違う

仕様を変えた理由は何なんだろう!?

川越は同じ東上線沿線でも『いすゞ』が入っているね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“ウエスト新座営業事務所”

新座5123号車新座9900号車
5123号車                        9900号車

新座9902号車新座9934号車
9902号車                        9934号車

新座9936号車
9936号車

新座営業事務所は『日野ワンメイク』の模様

和光市駅北口に存在する
ターンテーブル
東武バス所有のターンテーブル

竹ノ塚のターンテーブルは高架工事で撤去されてしまったので
『東武バスG』として現役なのは“和光市・鶴瀬・上福岡”だけのようです
(鶴瀬については鶴瀬駅東口再開発計画の計画区域内にあるためいずれなくなる可能性が“大”)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“セントラル八潮営業所”

八潮2577号車八潮2641号車
2577号車                        2641号車

八潮2727号車八潮5085号車
2727号車                        5085号車

八潮9837号車八潮9875号車
9837号車                        9875号車

八潮9878号車八潮9918号車
9879号車                        9918号車

ここも『親・草加本体』と同様日野車率高めだが『7E』が在籍してたりする

同じセントラルでも埼玉県内は『日野車』高めが多いね(三郷除く)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“セントラル草加営業事務所”

草加2550号車草加2757号車
2550号車                        2757号車

草加5068号車草加9700号車
5068号車                        9700号車

草加9748号車草加9873号車
9748号車                        9873号車

草加9967号車
9967号車

いすゞ・日野の両社が在籍するも基本“日野”が高め

チョロQ・成田空港線用・7Eと個性派がいたりする

草加といえば昔『RE100』の前後車をたくさん見た記憶がある
そこから判断すると今も日野車多めというのは納得できる

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“セントラル三郷営業所”

三郷2760号車三郷2762号車
2760号車                        2762号車

三郷2800号車三郷2832号車
2800号車                        2832号車

三郷2895号車三郷2896号車
2895号車                        2896号車

三郷2925号車
2925号車

あそこには『日野車4台在籍』としてあるが
4台の稼働率ではほぼ見つからないだろうし経年で置き換わっている可能性も捨て切れない

三郷営業所も基本は『いすゞ車』主力の営業所

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

“セントラル吉川営業所”

吉川2566号車吉川2601号車
2566号車                        2601号車

吉川2649号車吉川2916号車
2649号車                        2916号車

吉川2917号車吉川9712号車
2917号車                        9712号車

吉川9804号車
9804号車

他の『セントラル』では見られない純粋な“中型ノンステップレインボー”

社号拡大(吉川)
9712号車の『社号拡大』

西新井の
2886号車
2886と同様の『乗合』が車体へ直接ペイントしていない“変体車”

吉川はレインボーが代替で落ちると『いすゞ』だけになる感じがするね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



最新記事