今年春の改正準備第一弾は
近鉄時刻表2016
近鉄時刻表2016

関東圏でも『書泉』に行けば必ず見つかるので苦労しなくていい

南大阪線ページ
通勤車改造特急16200系のスジも書き込んであるのはgood

P.S
何だかまたマスゴミが『女性ジョッキー(騎手)』と持て囃しているよね
あの社会は実力でしかないのに、訳のわからないプロット書いて情弱が沸くな
(もう川崎競馬に情弱が沸いてたな“爆”)

チヤホヤされるのも最初だけ
実際に勝てなきゃ騎乗数が減るだけ…

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

暇ネタとして近鉄昔話をしてみる

近鉄沿線に親戚がいて何度となく乗っている、南大阪線と奈良線

もう南大阪線は四半世紀近く乗っていないが
まだラビットカー【正規】が生きていた時代

あの当時幕車で冷房車といえば6200だけ
6020はラインデリアの薄いモニターが屋根に搭載してあった

ラビットカーは単車で連結してあり非冷房

あべの橋で降りるには上り先頭車に乗るのでどうしても6850に乗る
(後に6020や6200が繋がっていても小学生当時では親にウロウロすんなと言われるのがオチ)

今川も地平で『西武新宿線・中井』の様に通過線が上下共用だった

奈良線
難波~生駒で乗る機会が何度かあったけど
やっぱりあの当時も8000系の非冷房車が主力で、たまに8600とかが来る時代

大阪線の車両も並行している区間では見た限り2410等の非冷房車が多かった

生駒線
820系の方に当たる確率が多く800は本当に少なかった

ただあの時代は今のようにネットはない時代
しかし公立図書館で車両関係の本をよく読んでいたからそのデータと合わせたりして
それなりに楽しかった時代

そういう古い実体験を持っているからこそ『嘘電』に飛びつこうとは思わない

フルカラーLEDなんて見やすさはいいが多少無機質な感じはする
近鉄といえば『方向板』いろんな色と種類とデザインで行先を表す

そんな実体験があるからこそネットだけの知識でかかってくるアホは目障りこの上ない
書籍とか深く読み込むのがいかに大切なのかがわかる

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

やっと発刊
近鉄時刻表2014
近鉄時刻表2014

今回から“印刷”を『交通新聞社』へ変えたみたいだ
(本文中の文字・数字のフォントが変わっている)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

近鉄時刻表2012

blog_import_5228a022d88bc.jpg
今年の改正は以前から言われていたように『大鉈』が振るわれた改正

一部を拾ってみると

ノンストップ特急の『津・終日停車』

京都線『日中の京伊特急』の運転中止

日中、大阪線準急の『準急』『区間準急』化

京都市交通局からの『直通急行』が『21』へ減量

良い方に改善されたのは

奈良線の『快速急行』が『阪神なんば線内停車駅共通化』してわかりやすくなったこと

南大阪線の『準急』は手を付けるとダイヤが崩壊するからやらなかったみたいだな…

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

平成24年のダイヤ変更について・近鉄公式[PDF]

一番インパクトがあったのは
名阪甲特急の終日『津停車』

鶴橋〜名古屋間ノンストップ列車が消滅になるけど『甲特急』としての地位は変わらないんじゃないの

阪神直通の快速急行が平日・土休日共に停車駅の統一

これは『大阪難波』止まりの区間準急を尼崎へ延長することでダイヤパターンの統一という処置

大阪線に『区間準急』の新設

準急廃止には出来なかったようで…

日中の富吉入出庫を兼ねていた準急が急行に建て替えられるので入出庫列車をどうするのかと思ったら

普通・富吉に建て替え…

これはあくまでも公式発表を文字にしただけであるが、時刻表がどうなるのか興味深い

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

買い忘れていた近鉄時刻表2011

blog_import_522892ee095ae.jpg

やっと買い付ける

昔B5横判で出してたの知ってますか

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

近鉄 車両1割減 準急減らし急行停車駅増 (産経新聞)-goo ニュース

果たして、出来ますかねぇ

一律カット的発想は絶対に無理
これ考えた人『現場知らなすぎ

同じ近鉄でも路線ごとに準急列車の性格が違う

大阪線-名張までの中距離列車。急行と快速急行の補完列車
名古屋線-『富吉準急は入庫列車』で『四日市準急は“四日市〜中川ローカル”と組んで成立』している
奈良線-準急『区準含む』を無くして急行停車駅増も『快速急行』があるので利用者の不満は少なそう
京都線-あってもなくても関係ない。ほとんど『空気』みたいな存在
南大阪線-現行は『急行』を30分サイクル。補完である準急を削るなら『急行』の増発を考えているのか

これだけ性格が違うのにねぇ

近鉄バファローズOBの『金村義昭氏』が言ってたけど
オリックスとの合併問題があった時
『今の近鉄経営陣は整理屋みたいで現場を知らない
と怒っていたが

この計画も絶対『現場知らね〜よな』って言うレベル

JR西日本みたいな思想・体質が見え隠れするね

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

ラビットカー塗装復活というけれど純粋な復活じゃない。

それに
本当の現役時代を知っている人っているんですかね

近鉄南大阪線沿線に親戚の家があってよく利用していたから
辛うじて現役時代の記憶は持っています。

末期ギリギリの非冷房冷房化の記憶はあるが
旧塗装の時代は生まれてないので知りません。

4両の6020・6200を5両化するときに使って河内天美各停の運用で見たモノですが…。

マルーンとクリームの塗装までギリギリ現役だったが
冷房装置・自動方向幕取付の姿ではマルーン1色の方がいい。

それに
一応養老鉄道の主体でやっているが、車籍は近鉄が持っているわけで…
(同様に伊賀鉄道の現有車両も車籍は近鉄です)

ちなみに
検索検索とやっていったら面白い記事を見つけました。

忍者列車・新車導入案内

タネ車は東急1000系のようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

20日は
近鉄と阪神の相互直通運転開始。

東京と違うのはを介さずに
私鉄同士が直に乗り入れしている事である。

姫路から名古屋まで、JRを使わずに行けるのも興味深い

ホビダス・乗り入れ準備の進む近鉄車

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

仕事中
暇なので、書泉に立ち寄り
blog_import_522871bfc40fa.jpg
近鉄時刻表を買う。

関東人に必要ないと思われますが

こう見えても近鉄に縁があるので、つい買ってしまうんです

また
今回は、阪神との相互乗り入れ初年度改正ですし…。

自社車両と、相手の阪神車両を表紙に載せているという事は
相互乗り入れにかける期待のあらわれですかね

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

阪神の1000系と9000系が
近鉄から阪神へ返却という。

ということは
難波〜西九条間はレールも電気設備も完成しているという事だろう。

半蔵門線と東武が乗り入れ開始前に
押上〜水天宮間を非営業ながら教習貸し出しのために
車両は行き来していたのと一緒のようである。

鉄道ファン・阪神1000系と9000系が10両で尼崎へ戻るへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

近鉄1252系VVVF車
阪神へ貸し出しした。

阪神の時と逆で
高安から尼崎へ陸送だろう。

目的は
性能試験と
乗務員のハンドル訓練
検車関係の教習

性能試験後の
ダイヤグラム設定“運転曲線”が一番の重点だ。

阪神車を
近鉄に貸し出ししたのも
近鉄線内の運転曲線を設定するためのデータ取りだ。

大阪方面は
近鉄と阪神の乗り入れ熱がヒートアップしてくるだろうな。

鉄道ファン【近鉄1252系阪神へ貸し出し】関連ニュースへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

今日は趣向を変えて…

阪神車両が近鉄奈良線で試運転をしているという。
ただし
線路が完全に繋がっていないのに
阪神車両をどうやって近鉄に持って行ったのか

尼崎の車庫から道路をトレーラーにひかれて
近鉄高安車庫へ搬入したという。

関東では
正式に開業する前
溜池山王〜目黒・南北線と東急目黒線
押上〜曳舟・半蔵門線と東武伊勢崎線は
線路が繋がった時点で
車両の教習等をお互いの乗り入れ相手先に貸し出していた。

こういうところは
関東と関西の差なのかな

来年の今頃は
近鉄・阪神の相互直通運転が始まっているだろう。

姫路から名古屋までJRを使わないで行けるようになるんだ…。

1番のりば【阪神+近鉄】阪神車近鉄奈良線で試運転ニュースへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン



最新記事