イーストエリア【番外編】です

南柏駅『西口』



路上転回をします

他に検索してみたところ『車両都合で大型充当する時』も路上転回をキメるようです

1979年頃の同付近航空写真

大きさは変わっていないようですけど
駅側をタクシー専用スペースにしてしまったため無理が生じてます

P.S
JR北の運行停止!?なんていう話が出てきたけど
さてこの問題が出てきた最初に『労組も問題あり』という話はどこに行ったのかな?(棒

いつの間にか労組の問題はマスゴミによって意図的に闇へ葬られたわけで

経営側の責任ばかりでなく『バカ労組の責任』も追及しないと…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ
スポンサーサイト

加須営業所管内『真名板十字路』とはどこにあってどんな感じの場所なのか?

場所は

地図中心地

現地は
真名板十字路降車ポール
コイン精米所前の路上が降車ポールです

どうしてここが系統の終点なのか?
いろいろ調べてみると元々は県道32号を北上し『羽生駅』発着だったとか…

ちなみに『鴻巣駅行』の“真名板十字路”停留所ポールは見当たりません

鴻巣駅行は次の『堂裏』から営業に入るようです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

道路運送車両法・道路運送法施行規則で決まっている届出『使用の本拠』
(要は車庫・営業所の所在地)

これから本格的に東武エリア(朝日自動車)に入るわけですけども
出張所や営業所という頻繁に言葉が出てきて『ちんぷんかんぷん』になるでしょう

現在エリアごとに分割し
旧営業所→営業事務所
旧出張所→営業所

呼称が変化しています

旧京成電鉄自動車本部(現京成バス)で
○○営業所××車庫なんていうのも『道路運送車両法でいう“使用の本拠”』です

旧出張所や車庫という呼称も『道路運送車両法でいう“使用の本拠”』であり車庫なんです
その辺を頭の隅っこに入れてお付き合いください

追記
現在の東武バスと旧東武バスは組織もグループ内位置づけも全く別物です

旧東武バスは『東武鉄道内の自動車部門』
現東武バスは『東武鉄道内から外に出て独立採算経営化』
(鉄道内の1部門から鉄道と同格の会社法人になったという事。但し非上場)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

暇つぶしにネット検索してたらこんなものを見つける

場所は

地図中心地

1km圏内には

深川営業所(本局)がある

さてここを営業所格にするというが『現状の深川営業所所管路線』の大半を見ると
同一系統に“深川車庫便と臨海地区行”が併存している状況

強いていうなら
現状維持であれば品川担当『海01品川分&波01』を移管するのと
深川担当の波02を完全に有明へ持たせるだけ

当然『営業所格』なんだから他の深川所管系統を当然再編するよね!?

まだ発表&計画段階だが
このためだけに【営業所・新設】は作る気無しのためカテは【営業所・現役】

P.S
TOMIXKATOでC11が出るそうだが導入はしない
それは車籍が“JR北海道”にあるから
(TOMIXは厳密に言うと“真岡仕様”だけどね)

東武の正式な車籍になれば考える余地はありそうだけど…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ



最新記事