関東バス/中野・新宿エリア路線図を見る限り
“中01”は循環線形状に書いてあるため『野方駅』に専用設備はないと見ていたが

現地地図を見ると

なんか様子違う…

現地は
野方駅
2台待機できるスペースあり

でもここを『野方駅』と呼ぶには少々無理があると思う
『野方区民ホール(野方駅入口)』とすれば実態に即した表示だと思うんですが…

P.S
WBCでやっとアメリカ優勝出来たんだー(棒

野球宗主国として主催するものの勝てなかったし
勝つために予選方法を自国優位にするようなシステム構築してまでという
醜態さらししてたもんな()

大体、キューバが何でわざわざアジアまで予選しに来るのかといえば
“アメリカ”と予選で当たり負けたくなかったわけで
予選抽選のイカサマなんて簡単に仕込めるだろ…

正にこれこそ『アメリカ優位にするためのインチキ予選ルール』な訳だよ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ
スポンサーサイト

おそらく最後まで東上線エリアに残ると思われる『上福岡』のターンテーブル

場所は

地図中心地

現地は
上福岡駅ターンテーブル
東武仕様デフォ

検索してみると
ここも漠然とした再開発計画はあるもののまだ完全に固まり切れていないようです

P.S
山手線某駅で『わ』ナンバーのメルセデスを発見

国産高級車の『わ』ナンバーはまだ理解できるけど
メルセデスの『わ』ナンバーとは
どうしようもない見栄っ張りそのものだ(爆)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

東上線2つ目の『ターンテーブル』は“鶴瀬”

場所は

地図中心地

現地は
鶴瀬駅ターンテーブル
ホームから見通せます

何度か取り上げていますけども鶴瀬駅東口再開発計画が公式に出され
この敷地も再開発地区内のため消滅する可能性が大の場所です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

では最後の東武バスG運行会社『ウエスト』、順不同でいきますよ

最初は和光市駅北口

地図中心地に

ターンテーブルが
和光市駅北口ターンテーブル
存在しています

検索してみたら和光市駅北口再開発設計図にヒット
ここもこういうものが出てきた以上『消滅』の可能性は“大”でしょうね

東武線駅の中で上福岡駅東口』はおそらく最後まで残ると思われます
(鶴瀬については鶴瀬駅東口再開発計画の計画区域内にあるためいずれなくなる可能性が“大”)

P.S
ザ・ボイス そこまで言うか! 2017.2.15

東芝のバカっぷりに上念節炸裂(爆)
大卒一流企業就職しても“バカなやつはバカ”の見本市って事

体育会系のノリで企業経営した結果、かなりヤバいところまで行っちゃったんだ()
本質を意図的に見なかった(見ないふりした)結果だろ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

新和一丁目から三郷吉川エリアへ

吉川団地


現地は
吉川団地

路線図を見る限り『途中停留所』の扱いになってますが
その昔は『発着地』として存在感があったようです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

続いては『中禅寺湖』湖畔にある“中禅寺温泉”

地図中心地


現地は
中禅寺温泉駅
やはり湯元同様大きいです

ここも『東武鉄道バス事業本部日光営業所・中禅寺出張所』だったようです

現在は『自動車駅』として存在

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

ではいよいよ東武バス本体エリアに入ります

最初は東武バス日光エリア『湯元温泉』

場所は

地図中心地“湯元温泉”にあります

現地は
湯元温泉
ただのバス専用発着場にしては大きすぎます

そうです
元を辿ると『東武鉄道バス事業本部日光営業所・湯元出張所』が置かれていたそうです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

境営業所エリア最後は『東武動物公園駅』

東口

地図中心地が

東武動物公園駅東口バス乗り場
折返所兼バス乗り場

東武時代には『境の大型』がここに入ってたんですよね

西口

地図中心地に

東武動物公園行バス乗り場がありました

現在は
東武動物公園駅西口乗り場跡
柵に囲まれ『区画整理&再開発待ち』です

東武動物公園直行バス
茨城急行バス
なぜか『茨城急行・松伏営業所』なんですよね

P.S
ヌードルハラスメントって何?
ラーメン・そば・うどんは『すすって食うもの』だ!!

2020年おもてなしだからといって『ヌードルハラスメント』を流行らせてなくそうと
何でもかんでも白人におもねる必要なし

バカ白人どもがすすらないで食っているのを見ると
『なんということでしょう、不味そうに食って見える(爆)』なんだよ

ヌードルハラスメントとって騒ぐなら日本に来ることはないぞ
我が日本で『すすって食う事は恥でも何でもない』

白人の文化・文明押しつけには反吐が出る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

自社東武エリアの駅(東武鉄道本体)や高崎支社管内『後閑駅』に
ターンテーブルが存在しているのは知っている

しかし高崎支社管内の高崎線『駅』にターンテーブルがあるのは少々意外な感じもする

それは

桶川駅東口

現地は
桶川駅ターンテーブル
JRの駅というより『東武線駅』の感じ

東口再整備自体はいつ完成するかどうかはわからないけど
中長期ではいずれなくなる場所
(前出の『吹上駅北口ターンテーブル』は北口広場再開発で消滅しているわけで…)

P.S
スパムコメに対する返答
大卒なんてちっとも偉くなんかないぞ
『大卒・大企業が偉いという変な価値観』
・今の大卒なんて“大卒擬き”って理解ある!?
・大企業の売ってる製品の大半は中小企業が部品作らなかったら出来ないモノばかり

『頭でっかちばかりで中身が伴わない』
・中身なく口先ばかりだから核心突くと逆ギレ全開で図星

『夏野なんて所詮起源厨』
・夏野なんて所詮プランナー
・iモードは最初にインターネットがあったからそれをベースに焼き直して出来ただけ

『大卒ばかりがいっぱいいたら世の中回らんぞ』
・野球でいえば『4番・一塁手ばかりかき集めて失敗した巨人』と同じ
・サッカーならMFばかり代表に集めて試合しているのと同じだ

本質見ないで揚げ足コメントしているようじゃ所詮その程度の頭

いつも夏野剛みたいな的外れスパムコメで凸ってくるIPには
『hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp』がついている
よほど暇人なんだろう(しろめ)

あまりしつこいなら本当にIP晒し発動しなきゃならない

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

京成都内エリア、もう終わりだと思ってたら『葛飾区役所』があった

地図中心地


現場は
葛飾区役所
バス以外の車両立ち入り禁止

平日朝夕ここまでの『発着便』が存在する
それは押上線を渡ることが出来ないため…

今、四ツ木~青砥間連続立体工事が続いている為
高架工事完成後は『ただのバス乗り場』になる可能性は十分にあり得るね

ここ葛飾区役所から立石駅へ向かう途中
タカラトミー本社
トミーテックの親である『タカラトミー』本社がある

大宮のショールームがあるのでここは本社機能へ特化した場所のようです

P.S
根室線“新得~富良野”を廃止したいと言い始めたようだが…

ならば“石勝線が事故・天災で運転できなくなったらどうするの?”
いくら営業係数が悪いからといって『代替ルート』になる路線を廃止したいって…

過去石勝線は事故や天災で運転できなかったことが何度となくあるわけだし
現在も一部区間が不通になっているわけですよ

明らかに『目先の事ばかりに囚われすぎている』のは間違いない

JR北海道の経営体質ばかりが兎角やり玉に挙げられているけど
問題が出始めた頃に出てきた『労働組合の膿』も出さなきゃまずいだろ
(労働貴族のデタラメを意図的に追及しないマスゴミの胡散臭さもどうなんだかね…)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

産業道路駅といえば“首都高速道路・横羽線”と立体交差し
その下を走る“神奈川県道6号線”と平面交差する場所

川崎鶴見臨港バス路線図に“産業道路駅”が系統の起終点として黄色くなっている
そんな場所あったのか?



改札を出て踏切を渡った右側に
産業道路駅折返所
バス乗り場

どこから車両を入れるのかというと
出来野交番前交差点
出来野交番前交差点を右折で入り

この道路を走って
旧海岸電軌線路敷跡

折返所入口より
産業道路駅折返所入口
入構する

2007年頃の同付近航空写真には、この折返所がない
ということは近年できた新しい『バス折返所』だね

この折返所へ入るための取り付け道路が
調べてみると川崎鶴見臨港バスのご先祖“海岸電気軌道”の線路跡のようだ

P.S
ピコ太郎が大流行という。興味があるかないかはそれぞれの考えでいい

ただ古坂和仁と
『別人格』である必要性を全く感じない


ボキャブラ天国で『底抜けAIR-LINE』として活動してたのを知っているから
今になって『ピコ太郎』と別人格でやられてもねぇ…

古坂和仁が世界に知られた事実には変わりないんだし
周囲が『ネタバレ』に気を遣って面倒くさい対応とらなきゃいけなくなるだろうに

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

経堂駅は複々線工事で大きく変貌を遂げた場所

バス乗り場も

整備されたようです

経堂駅バス折返所

こんなものを発見

以前は

この地図中心地にあったようです

現在は
旧小田急バス乗り場位置
道路の付け替えにより完全消滅です

P.S
ドラフト会議は“平日の昼間”にやって関係者だけで開催するものだ
(ファンと称するバカを有料で入れるとは『大衆迎合→質の劣化・衰退』も甚だしい)

昔はドラフト当日に学校へ『ラジオ』を持ってくる奴がいて
授業中目を盗み聞いてたのが良かったんだよ

先生も名目上は叱りつけるけど『で、○○(目玉)はどうなった!?』と聞いてきて
なぜか“一体感”が自然発生したものだ

学校に関係ない物を今も昔も持ってきている奴はいた
今みたいに『杓子定規でワーワー騒ぐ』のが教育じゃない

夕方のニュース番組にぶつけてやるドラフト会議は所詮どこまで行っても『偽物』だよ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

参考資料 空からバス路線を見てみよう・040.つつじヶ丘駅と若葉幼稚園

現在は


つつじヶ丘駅南口折返所
南口バス折返所が整備されているが

近年までなかったという

では以前の折返所は?

地図中心地

駅から離れている場所

現在の姿です
旧つつじヶ丘駅南口折返所跡
駅入り口の転回所としては『大雑把』です

今の南口はもう一回整備やり直ししそうな感じです

P.S
有楽町線ダイヤ改正について・東京メトロ

関西弁で言うなら『けったい』な列車仕込んだね~
有楽町は『棒線駅』だけに“新木場最終”の後走りで回送を入れてホーム留置すると思うが…

ただし、保線の夜間作業時『留置場所変更』は確実に出るよね
(たぶん旧飯田橋検車区跡だろうけど)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

梶が谷駅の次は門前町『池上駅』


現地は
池上駅
画像の通り北側『池上通り寄り』が乗車ポール

線路寄りは
池上駅待機スペース
5台分の待機スペースを持っています

池上通りを1kmちょっと走れば

池上営業所が出て来ますけど


池上通りを挟んで第1プール・第2プールでは
日中も適度な交通量の為営業所へ逃がすわけにもいかないのでしょうね

P.S
JR四国の12系・14系が東武に来たって騒いでいるけど
10年後の部品確保とか凄く問題になるっていう理解は全くないんだろう

ネタさえ掴めればそれでOKっていう浅はかな輩ばかりだもんね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

東急バスエリアで『折返所・操車場』形態の発着場を2つ落としてた…

一つは『梶が谷駅』


現地は
梶が谷駅

一般車両が入ってこないよう
一般車進入禁止立て看板(梶が谷駅)
立て看板があります

駅名の通り谷間なので大きな駅前広場がとれない
東急にしては『小田急線』で見られるタイプの折返所の形態ですな

P.S
引用



鉄道写真部は相変わらずだ、バカにつける薬なし

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

都内京成エリアで抜け落ちていた場所“京成小岩駅”



京成小岩駅
2台置けますが1台分は『社用車』の駐車スペースになっているようです

ここは綱島駅と同じ感じの場所です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

東毛呂駅にもKKJの休憩施設があるという


予習でSV確認する限りそんな場所無いよね!?

では現地です
東毛呂1(全景)

どうやら跨線橋下のスーパーハウスが休憩設備のようです

車両も
東毛呂2(休憩中車両)
エンジン停止してますし…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

熊谷駅北口には待機スペースがある



現場は
熊谷駅北口待機スペース
青梅駅ひばりヶ丘駅南口と同等の施設でしょう

朝日バスは“太田”から入ってくるので
ここは熊谷駅側で休憩&調整に重要な場所

熊谷駅南口


現地は
熊谷駅南口
それほど使用頻度高くなさそうです

ここの正式な土地所有者は
熊谷駅南口・看板1熊谷駅南口・看板2
『立正大学』の様ですが
大学への路線を持っている国際十王交通が独占使用出来るみたいです

そして今は北口再開発でなくなったもの
東武バス時代の『熊谷駅前待機所』

場所は

地図中心地

1975年頃の同付近航空写真
1980年頃の同付近航空写真

大型バス車両が写っています

現在は
旧熊谷駅前待機所跡
駅前ビルが建っています

P.S
廃止された折返所やバス営業所巡り

ガキの頃財力なんてあるわけもなく当然行けない場所の方が多かった
今は勤労の義務を果たしそれなりの生活もできて昔の東武バスエリアを巡り思いを馳せる

『温故知新』という言葉の通り“故きを温ね新しきを知る”

温故知新の理解もなく新しいものばかり追っかけるのが全てではないのだよ
コメ削除して逃亡したあのバカにはその理解力がゼロどころかマイナスだったわけだ

返り討ちに遭って逃亡とは醜態晒してるし
削除逃亡は“私は荒らしです”と言わずして認めているのと同じ行為(爆)

荒らしでないという自信があるなら『削除逃亡』をやる必要性が全くない【←ここ重要】

接続してきたIP検索すると大体『荒らし認定』されているんだよね(激呆)
(さらに検索つつけると安いスマホの会社で評判は芳しくない。
スマホからの書き込み大半は荒らしっぽいし…)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

前出の“関越交通・旧水上営業所”を見に行く途中で電車内から

『後閑駅ターンテーブル』を確認

ただ承知の通り上越線も昔ほどの本数がなく降りてしまうと
次の電車まで待ち時間が長い

後閑駅ターンテーブルは場所特定だけとします

いろいろ検索すると“後閑出張所”と出てきますが
周辺地図や古い航空写真を検索した結果あくまでも想像の範囲ですけど

『後閑駅前信号から町役場へ進む途中の左側』の広さが
バス出張所としての広さに適しているようなんですけどねぇ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

81Hを捕獲するため快速乗車中に見つけてしまった…

地図中心地

東中山駅北側

現地は
東中山駅


京成バスHPを見る限り東中山駅に定期一般乗合路線発着はない

中山競馬開催時に競馬場シャトルバスが発着するようです

P.S
地権者に筋を通した(撮影場所として貸してほしい・車両の駐車許可許諾)という
ツイートがあるようだ

まぁ、撮ることがどうこうでなく
ちゃんと筋を通しているだけまともじゃないのかな

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

こちらさんのブログによれば“綱島駅”に『川崎鶴見臨港バス』の発着場があるという

道中坂下新北川橋勝田折返所を見に行って『綱島』へ抜けたけど
すぐ電車に乗っちゃったから気づかなかったねぇ…

綱島駅

この地図中心地『バス停』マークのある場所

現場は
川崎鶴見臨港バス・綱島駅
1台だけ止められます

スペースとしては千歳船橋といい勝負かな!?

P.S
テスラの実験車が事故って亡くなった人が出たという
人工知能万歳だのと盲目的に持ち上げた結果がこの態ですよ

亡くなった人には非常に申し訳ないが
これでもまだあなたは自動運転車を信じます?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

何だか『ひばりヶ丘駅北口』がやっと整備されロータリーが出来るとか…
現在の『北口バス乗り場』はどうするのだろう!?

現在のバス乗り場位置

デイリーヤマザキが記として出てますが『バス案内所』と同居です
(多分、西武バスが賃貸に出す&大家なのでしょう)

現地は
ひばりヶ丘駅北口乗り場
バス乗り場は移転しても『新座車の休憩所』として残るんじゃないの!?

南口に『待機所』はないと思っていたら

ありました(地図中心地です)

現地は
ひばりヶ丘駅南口
“青梅駅前”と同じものだと考えてよいです

西原へ戻さず休憩に入れたり、運行間隔を均等化するためには必要な場所です

P.S
オリンピック視察にかこつけた慰安旅行が軒並み中止や縮小

費用の高騰なんていうのは表向きの理由
行けない理由は『ブーメラン発動』が怖いだけ
本当に必要なら堂々と行けばいいんだよ

本音は『舛添禿よけいなことしやがって』とそう思っているさ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

前の4ヶ所を実地調査していたとき
『スタフ』をチラ見したら青梅駅で系統番号を変え他系統運用に入っているという
(23区内は1系統の起終点往復が大半だが車両稼働率を上げるのと
利用者の利便性を少ない台数で向上させているのかもしれない)

青梅駅
青梅駅前
3台分の待機スペースあり
(隣の“旧多摩バス塗装車”の西東京車はバス停に停車中)

ということで

ここを個人的に『施設』としてカウントしたいと思います

P.S
5112F何か様子おかしかったな…
通常のブレーキ操作で『非常段』へ入れていないのに『開扉』すると“非常ブレーキ”が点灯する

この現象が出てたのは
“西新井・草加・新越谷・せんげん台・春日部・東武動物公園”の停車時は点灯し
和戸停車時だけは点灯しなかった

F1119Kが3分遅れてきた理由はそこか?
(東急時点で遅延が発生してたらしい。車掌がそれを言ってたし…)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

西新井駅西口は一般的な駅形態なので『折返所』カテゴリーに入れようか悩んだ



現場は
西新井駅西口
都営3台に東武1台の駐車枠を持つ

そして西口トスカビル1Fには
西新井操車所・詰所
都営の『西新井操車所』という詰所がある

北車庫の車は営業所出入りが面倒な為
ここで『段落とし』休憩車両を見かけたりもする

ということで『折返所』のカテゴリーに入れます

東武バスは『西新井営業所or足立営業事務所』へ回送し、当地には詰所を持っていません

P.S
みのもんたがバカ発見器で燃えたらしいけど
センスないんだったら辞めようよ

あれだけ一生懸命やっている自衛隊を中途半端に否定するとはねぇ(激呆)

結局スタンスが『中途半端な反権力ありき』でやっているからこうなるんだよ

こんな事ばかりやっているようじゃ本当に『既存にメディア関わるものすべて』は
誰も信用しなくなることだけは確かだ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

駒込駅は本郷通りに面している場所

どちらかといえば駅前は『旧型タイプ』

形状もバスロータリーというよりも
駒込駅
折返所といった方がちょうどよい

こんなものも立っています
駒込駅立て看板

今は『茶51』しか使っていないけど昔は『王49』が乗り入れてたんだよね

北口
参考資料 空からバス路線を見てみよう・035.昭和町分車庫と駒込駅


地図中心地の公園と区立図書館の一部が『操車所』だったという…

現在は
駒込駅北口
公園に化けています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

目黒線洗足駅もバス路線がある


洗足駅1
バスロータリという形状でなく『折返所』の形態
(以前出した『田無橋場』とほぼ同じ形態)

目黒線の線路上は東急の私有地らしいので
洗足駅2
進入禁止の立て看板もあります

なおこの画像は『本体・目黒』移管前に撮ったので車体に“トランセ”シールが張り付いてます
(【渋71】・【恵32】 所管営業所変更およびダイヤ改正のお知らせ 2016年3月1日(火)より/東急バス)

P.S
秋葉原IMONで『TMED01 鉄コレ動力EL用6mm』を早めに仕入れておく

確定情報じゃないことを予め断っておきますが
『値上げするとかしないとか!?』いう空気感があるんでね…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

柿生駅北口はバスターミナルというよりも


柿生駅北口1
折返所で『小田急』管理

東急バスも
柿生駅北口2
入構権アリです

南口も
旧柿生駅南口1



旧柿生駅南口2
以前はバスが発着してた

前出の『旧柿生折返所』に辿り着くには道路が狭すぎたとかで


新しい折返設備を作り現在に至る
現柿生駅南口
(川崎市交通局も入構権はあるようです)

管理者は
進入禁止看板
東急バスの様です
(再開発計画があるとかでここは仮設だとか…)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

西武バスの営業エリアで『新宿線』沿線も大きな駅前広場が比較的少ない
上石神井駅前の発着はどうやっている?

上石神井駅の地図


交番の後ろが
上石神井駅
発着所になっています

道路も結構細いので苦労している感じを受ける場所です

P.S
ローカル路線バス乗り継ぎの旅22

石岡行で偕楽園前通過時に『また戻ってきたのか』なんて言ってたが
ルールは“8時スタート”縛りだし関鉄バス・石岡系統時刻表を確認してみる限り
『7:18発の便に乗っても石岡駅に到達できない』わけですよ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

新田駅
知っている人は『あの狭い駅前にどうやってバス発着するの?』と思う場所

そうです『草加市立病院』が

移転した後の場所に

新田駅東口折返所
発着場が存在します

市民病院移転前は東武線を境にして『西側』

現在パン屋がある場所に“折返所”が存在してました

現在の折返所に
新田駅東口詰所
詰所らしい建物がありますが

どうやら
東武バス表記のポスト
東武バスが管理しているようです
(白い部分は住居表示が出ていたので消し加工しました)

ここから『草加営業事務所』まで約1kmなのに詰所がいる!?
(むしろ、朝日自動車の管理なら『新栄団地』同様わかるんだけど…)

P.S
鉄コレ事業者限定版『旧3000系』らしいけど正直あってもなくてもどっちでもいい
(七光台の8000系・5070系統一後全数持っているし、微妙な形式だね…)

寧ろ悪趣味のこっちを事業者限定版で出すとばかり思ってた

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ



最新記事