現在は鴻巣免許センター発着の東武バスG路線
いろいろ検索すると『鴻巣車庫』というものに当たる

ただしここは道路運送法に規定してある『使用の本拠』ではありません

どこにあったのか?
1986年頃の同付近航空写真・国土地理院

場所は

地図中心地

現地は
旧鴻巣車庫跡
リサイクルショップに変わりました

川越営業事務所の系統が免許センターへ細々と乗り入れる以外
朝日エリアになったしまった“鴻巣”です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ
スポンサーサイト

新宿線車の池線バイト運用も念のために見ておく
池袋1542発の5361レをピンポイントで見れば『前回パターンと変更無し』と判定できる

その5361レ
5361レ
予想通り『入曽の38101』で登場

本川越始発
入曽出区~回送****~本川越~『7602→7603』~西武球場前~回送****~
保谷~5724・各停~池袋~5409・各停~豊島園~5482・各停~池袋~5361・各停~
西武球場前~『7604→7605』~本川越~回送7804~入曽入区

これで確定

降車ホーム1番線側から


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

現行土休日デーゲームDでの7302レ確保方法は確定した
このパターンでは清瀬20時台に車両交換【車交】が必ず発生する
ということで現地調査

6813レで20:11に清瀬着

そうすると下り所沢方電留線に
06S充当車両留置
06S充当予定車両が既に留置中

準急4403レが出た後
4番線回送表示
回送表示になって

06SK・臨回電
“06SK”が到着

急行2179レだけ待って発車かと思ったら各停・5321レと併せ『2本待避』し

20:34頃発車して行きました

引き上げにいた『メトロ車』は
6710レ・06S
予定通り6710レとして20:35にこちらも出て行きました

ただここに貼り付けた動画の関連として『こんなの』が出てきた

写っている車番が当管理人の調査日と全く同じ

リンクした動画主の別動画に車両交換“移行動作”がでている
これを参考に一度自分の目できちんと確認したい
『百聞は一見にしかず』と言いますので…

GWは『不定期・遊園地急行の動き方』と併せもう一回補足調査をする必要がありそう

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

検索して遊んでいるとこんな画像に当たる
場所は再開発前の鴻巣駅東口

1990年頃の同付近航空写真・国土地理院

仮設乗り場の様です

リンク画像の背後にある『佐藤不動産』という文字に注目

場所は

地図中心地

現在は
旧鴻巣駅バス乗り場跡
区画も代わり路地になりました

P.S
高タカの107が廃車で長野へ持って行かれたのに
『長野電鉄へ譲渡しろ』とかいい加減バカにも程かある事を堂々と言ってる池沼がおるみたい

足回りは165系の再利用品
交換するための足回りをどこから確保するとか理解する力が全くないんだ(激呆)

企業経営観点から見ると
『中古車ばかり追いかけていたら大井川鐵道のように出物がなくなったとき沈むだけ』

静岡鉄道や遠州鉄道の様に
適度に利益が出て『新規製造車両』に置き換えるのが正しいあり方

廃車が出るとすぐ俄が
『どこかに譲渡すればいい』なんて簡単に言うけど
企業経営観点と長期メンテナンス観点が全くない

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

都内東上線側にも旧東武バスの設備があったという

その練馬出張所とはどこにあったのか?

場所は

地図中心地

1974年頃の同付近航空写真
この場所に『バス』が写っています

現在は
旧練馬出張所跡
マンションが建ち面影はないです

路地を入ると
東武の香りがする建物
いかにも『東武が建てた建物』

熊谷の
国際十王本社3
国際十王本社に建っている建物と同じ雰囲気…

ヒントになったのは
もともとここに『東京無線加盟の東武グループタクシー事業者』があったからです

現在の成増駅発着路線はここが担当だったのでしょう

豊島出張所というのはどこだか不明なので手をつける予定はないです
(もし知っているという方の情報があれば探索しに行くかもしれません)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

東武の社史を見ると
『川越営業所(現在の川越営業事務所)』の分車庫としてが発足の始まり

1966年頃の同付近航空写真にその答えが…

場所は

地図中心地の『セブンイレブン』マークのある場所

現地は
志木出張所跡
マンションが建っていて当時の面影は全くなしです

70年代に『現・ウエスト新座営業事務所』へ移転統合で消滅

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ

前出の『東急時刻表』同様4月発売になった

東武時刻表
東武時刻表H29.4.21改正号
2017.4.21改正号

500系投入による改正がメインの本線系統だが
『東上系統』は運番変更ぐらいで目立ったところはなさそう

にほんブログ村 鉄道ブログ 東武線へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

今年は半直系統が『4月改正』にずれ込んだが
去年のような一括大量投入しないで済んだのは良かった

東急時刻表
東急時刻表H29.4.21改正号
2017.4.21改正号

副都心・東横系統は若干『運番』が変わっているみたい

にほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram
鉄道 ブログランキングへ

西武が地下鉄直通有料列車を走らせた

経営観点がない奴は『東武東上線から地下鉄直通有料列車を走らせろ』とか
多分言い出しているのが想像に難くない

東武はやらない

それは有料列車の指定券発券システムにある

東急には『有料列車』という文明がないため発券システムを持っていない
1から構築するには莫大な投資費用が発生

民間企業である以上『投資費用が回収』出来なければシステムの構築はやらない
だから『西武鉄道の発券システム』に丸ごと乗っかったわけ

東武も自分のところで『発券システム』をすでに持ち長期運用している実績がある

東急とメトロが『西武の発券システム』に乗っかっているところへ
東武がわざわざ接続するとは思えない
(そこは乗り入れ相手であっても“何で西武の発券システムに乗っからないといけない?”って
鉄道会社のプライドはあるでしょ)

それとすでに
東武は『JR直通特急の発券システム』について“JRのシステム”に乗っかり接続している
あっちこっちと接続してたらシステムダウンした時のリスクは大きい
(大手都市銀行が整理統合されたときのATM接続で失敗した実例を知っていればわかる話)

次、別の観点で見た時
西武秩父までの『有料列車』はある程度受け入れられているけど
土休日日中時間帯“川越・森林公園”までの区間において
『有料列車』が鉄道利用者に受け入れられるとは思えない

(通勤時間帯のTJライナーは課金してまででも良いという流れがすでにあるから問題ない
秩父エリアは“ひと山越える”ので有料列車を受け入れる土壌がある。
しかし川越は都市圏内の為『通勤外有料列車』はdisりの対象間違いない
50090系を地下鉄乗り入れ改造してまで費用対効果がペイできるかどうかは疑問)


そういう各種事例を見ていけば東武の『有料列車』はやらないだろうというのが見える

東京メトロを引き合いに出すが出てくるだろうけど
千代田線と『有楽町線・副都心線』は直接繋がっていないから
違う会社である“小田急と西武の発券システム”に乗っかっても問題ない

【赤色部分のここ重要ね】


メトロは営団時代からを通して元々『別料金文化』がなかった為発券システムを持っていなかったし
システム構築に時間がかかるのを見越して『それならば向こうのシステムに乗っかった方が早い』という
経営判断につながったんだろう

経営判断の理解がなく自分の妄言を実行しろとか言っている俄はバカ決定

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

40000系運用は以前出した

土休日で2本使用あるうち

小手指出庫~飯能回送~402レ(72M・ST2)~元住吉回送往復~
403レ(73M・ST3)~小手指回送~小手指入庫

これは特段問題ないけど

小手指出庫~『元町・中華街』回送~401レ(71M・ST1)~横瀬or武蔵丘回送往復~
404レ(74M・ST4)~405レ(75M・ST5)~小手指回送~小手指入庫

こっちは『西武秩父』到着後逃がす必要がある
行楽期には『レッドアロー増発』で秩父線の交換が沈没している状況下
“どこへ逃がすのか”が最大のポイント

では現地調査
S-TRAIN到着直前
S-TRAIN到着直前

4000系は快速急行“1001レ”から化けた『S1レ三峰口行』

S1レの出た後に
回送表示
2番着

乗車位置も
S-TRAIN乗車位置
2番にしか貼り付けていない

そして定刻
401レ・71M S-TRAIN1号
401レ到着

5020レで横瀬に先回りし待機
そうすると『1003レ』と同着タイミングで“回送”がやってきた

一旦
横瀬・秩父側引き上げ
下り2番着→秩父側引き上げに入り

下り線脇の
横瀬基地側留置線のS-TRAIN
基地側電留へ入り停止

1・2号車3~10号車
10両なんとか収容

パンタが下がり
40000系パンタ下げ
昼寝留置確定です

以前の多客臨ダイヤでここに
下り線飯能側特急用停目
特急車引き上げてたけど何とか出来たんで『S-TRAIN』留置出来たんだよね!?
(画像10105Fの写っている位置に現在土休日昼間40000系が留置)

おまけ
デジタル対応無線端末機
40000系はデジタル対応無線端末機を取り付けています

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
鉄道 ブログランキングへ



最新記事